ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『メガポテト』が発売された切っ掛けは塩振り機が新しくなったから 新しい機械はシャワーみたいでカッコイイ!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

本日から一部店舗で発売された『メガポテト』。ネット上(ガジェット通信)では4月から『シェアポテト』として噂となり、その後『メガポテト』に名前が変更されたという情報が舞い込んで来た。

しかし何故ここにきてLサイズ2個分の『メガポテト』が発売されたのだろうか。それは『マックフライポテト』の塩振り機に秘密がある。従来は手でふりふりしていた塩だが、4月下旬頃から全店舗で“アキューソルト・ディスペンサー”という凄い機械が導入された。

この『アキューソルト・ディスペンサー』とはどういった物なのだろうか。今までのように手で加減しながら振る必要が無く、逆さまにするとシャワーの様に塩が一定量出るという凄い機械。一定量が出ると勝手に止まるので濃くなったり薄くなったりせず、誰が振っても同じ味を保てる。この機械導入と同時に塩は粗めになっているのもちょっとした秘密。気づいた人はいるだろうか?

『アキューソルト・ディスペンサー』により多くのマックフライポテトを一気に作ることが出来るために、『メガポテト』が実現したのだろう。実際に『アキューソルト・ディスペンサー』がどのような物なのか動画で見て貰った方が分かりやすいので、下記動画を参照してほしい。

今度マックフライポテトを買いに行くことがあったら、作っているところを見てみよう。この新しい機械で塩を振って(降って)いるはずだ。また新しい粗めの塩も要チェック。

アキューソルト・ディスペンサーの動画(3分14秒から)

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP