ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パチンコ&スロットファン必見 全ての台のリアルタイム大当たり情報が席にいながら見られるアプリ ピーアーク『P-LIFE』の実戦報告

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


全国のスロットファンの皆さま、おはようございますこんにちはこんばんは。ガジェット通信ライターの忍野です。先日5月10日に『ニコニコ生放送』の『スロブロ』というチャンネルで『スロット 創聖のアクエリオンⅡ』の設定6ぶんまわし放送に出演してからというもの、『アクエリ2』にどっぷりとハマってしまい、『創聖(星)モード』が無料で遊べるアプリを、暇さえあれば回して一喜一憂しています。しかも『iPad mini』でも平行しての二刀流。こうして改めて文字にするとかなりキモいですね。実機でも打とうかなー、と思っていた所に地元の友人から「こんなんあるぞ」とすすめられたのが『P-LIFE』というアプリ。これがとんでもなく優れものだったので、アプリの機能と実際に稼働した際の様子を紹介していきます。

アプリ対応ピーアーク店舗のホールコンピューターと連動したリアルタイム大当たり情報


まずチェックしたいのがスランプグラフ。自分の台で遊技しながら他の人の台の挙動をチェックできるのです。通常はいちいち席を立たなければ他の台のチェックはできないし、ましてや他の人が遊技をしているとその台の細かいデータチェックなんてできません。できるのは後ろから大当たり回数を横目で確認する程度。

でも、このアプリは店舗のホールコンピューターと連動しているので、若干のタイムラグはあるものの、おおまかな挙動はおろかBIG、ART突入回数、総回転数など細かなデータが見られます。


なんと何回転で何が当たっているのかも見られます。むしろこれは打ってる本人もかなり嬉しい機能。テーブル管理の台も増えてきており、何Gで当たったかも設定判別の重要なファクターの一つなので、自身の台の設定判別はもちろんのこと、他の台のある程度の判別もできてしまうという、なんとも優れもの。

では実際にこのアプリを駆使して立ち回った“スロットライター ミラクル忍野”爆誕の様子をご覧頂きましょう。

実際にアプリを使ってみた

今回は夕方からの稼働ということで、非常に良い挙動を示している台はすでに先客が。そこで今の状況「短時間」「低投資」「『アクエリ2』打ちたい」という条件の中で私の選択した台はこちら。

総回転数:5595G
BIG・REG:29
ART:19
現在の回転数:519G
ボーナス合算:1/117
BIG確率:1/295
REG確率:1/193
スランプグラフ:現在-3038枚

皆さんの言いたいことはわかります。

「ありえない」

しかし、ここからが“ミラクル忍野”の独壇場。ここでアドリブが利かない奴はってやつですよ。ここからは攻略雑誌風にお送り致します。

回転数 イベント
513  遊戯スタート
635  中段チェリー ※約1/5460

638  緑BIG
013  強チャンス目
018  緑REG 2勝2敗2分 
    終了後 堕天翅モードスタート
016  通常モード
046  地下ステージ移行
057  強チェリー
070  堕天翅モード移行
084  発展 アポロカットイン ソーラーアクエリオンバトル演出
088  創聖RUSH準備スタート
102  RUSHスタート 30G選択
026  強スイカ
029  緑REG
013  中段チェリー ※何度も言うが約1/5460

    創星RUSH+70G
エクスタシーチャンス 壱指拳演出 180G
ART終了
230 弱チェリー
233 赤BIG
002 強チャンス目
004 緑BIG
046 強チェリー
050 赤BIG
001 強スイカ
003 緑REG 2勝4敗
003 弱チャンス目
004 緑BIG
025 強チェリー
003 赤BIG
150 遊戯終了

途中ARTが継続したり、子役獲得があったがARTやボーナスにつながらなかった子役は省略しています。

ここまで見てくださっている皆さんのお気持ち、代弁します。

「設定差ない所で事故って勝っただけじゃねぇか!!」

はい。その通りでございます。何も反論ございません。すみません…。

それはさておき、ここで個人のスランプグラフ“マイログ”を表示してみます。


どうでしょう、この見事なガチ上げっぷり。惚れ惚れしますね。このグラフは個人のスランプグラフなので、同じ日に別の台を打てば、この続きからその台の分の収支のグラフが増減する仕組みになっています。つまりは一日の自分だけのスランプグラフが一目でわかるようになっているということ。この“マイログ”は閉店後にホールコンピューターが会員カードのデータから自動で集計し、翌日にはデータ化されます。

ホールコンピューターとの連動性による利点


何度も言うようですが、対応店舗のホールコンピューターと連動しているので、「あ、あの店どんな台構成だったかな」とか「あの機種打ちたいけど、何台入ってたかな」といった、通常ではわざわざホームページや特定のサイトに飛んで確認しなければならなかった情報が、すぐにこのアプリで確認できます。デメリットとしては、オフライン状態ではアプリがサーバーに接続しないこと。このアプリはオンライン状態で上記の威力を発揮します。


さらに設定した金額の上限を超えないよう、のめり込み防止機能“プレサポ”も搭載しており、お財布にも優しい。

取材時にはAndroid版のみリリースされており、「iOS版は出ないのか」と「ここをこうしたらもっと良くなるのに」と問い合わせたところ、

・現在iOS版のアプリの開発は完了しており、アプリの審査が通り次第公開される予定です。
・アプリ対応店舗も順次展開していく予定ですので、今しばらくお待ちください。
・まだβ版なので、これからユーザーの皆さんと一緒にこのアプリを、より良いアプリへとしていきたいと思っております。ご意見がございましたら、アプリ内にカスタマーセンターのお問い合わせ先を掲載しておりますので、どんどん意見を頂ければと思っております。何卒よろしくお願いいたします。

※現在はiPhone版もリリースされています

と、ものすごく丁寧な対応をして下さった。ありがたや。では早速ミラクル忍野の率直な意見を書かせてもらおう。

改善をお願いしたい点

・オフライン状態でも台のマイログや、カレンダーは見られるが、機種の設置情報、台数なども見れるようにして欲しい。
・台のスランプグラフなどを見ている最中にホーム画面に戻るとアプリTOPに戻されてしまうため、また手動で同じ場所まで進まなければならないのを改善して欲しい。

あれ、これぐらいしか見当たらない……。でもこれが改善されたらもっといいアプリになると思います! よろしくお願いします!

アプリ総評

総評としては「まだβ版ということ」と上記の「改善をお願いしたい点」を含めてもかなり良い。むしろなんで全国のホールにこのアプリがないのか不思議なくらい良い。素晴らしいです。このようなサービスを行なっているサイトや、ホームページなどは多々ありますが、アプリとなるとあまり聞いたことがないので、ぜひとも今後のアップデートに期待したいところ。何よりもスロッターとして“閉店チェック”に行く必要がないのがものすごく大きいと思います。皆さんもこのアプリを片手にホール内を立ちまわってみてはいかが。

P LIFE(ピーアーク)
http://plife.moba-p.com/
※ダウンロードもこちらから

カテゴリー : エンタメ タグ :
忍野 ペペの記事一覧をみる ▶

記者:

ゲーム、スロット関係で記事を書かせていただいております。生放送があればそちらも手伝ったりしてます。むしろ最近はそっちがメインです。何卒よろしくお願い致します。

ウェブサイト: http://com.nicovideo.jp/community/co131376

TwitterID: oshinopepe

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP