ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ASUS Fonepad ME371MGには、プロセッサをZ2460 1.6GHzにアップグレードした32GBモデルが存在するらしい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ASUSの音声通話機能付7インチタブレット「Fonepad」には、ストレージ容量が32GBで、プロセッサをAtom Z2460にアップグレードしたモデルも存在することが判明しました。中国のVR-ZONEがその32GBモデルの写真を公開しています。今年2月の製品発表時に発表されたのは8GBモデルと16GBモデルの2種類で、どちらもAtom Z2420 1.2GHzを搭載しています。32GBが販売されているのかは定かではありませんが、実際に32GBモデル用の製品ラベルが貼られているので製品として存在するということでしょう。ストレージ容量とプロセッサ仕様以外の部分は既存の16GBモデルとほぼ同じのようです。Z2460はZ2420よりもCPU・GPUの動作クロックが高いので、Antutuアプリの場合だと、Z2420版が9000点台なのに対して、Z2460版は11,000点台と、スコアは22%ほどZ2420を上回っています。Source : VR-Zone



(juggly.cn)記事関連リンク
Samsung未発表の8インチタブレット「Galaxy Tab 3(8.0)」の画像が流出
無印良品、ポイントやクーポンが利用できる会員証&ショッピングガイドアプリ「MUJI Passport」をリリース
Google Playストアにタブレット最適化済みアプリだけを表示する機能が追加、WEBサイト版もリニューアル予定

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP