ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

何かと話題の映画『黒執事』 メイド役に山本美月さん「可愛い人は何しててもカワイイ!」

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


主演に水嶋ヒロ、ヒロイン役に剛力彩芽のキャスティングが決定している、何かと話題の映画『黒執事』。主人公・セバスチャンと同じく幻蜂家に仕えるメイド・リン役に『Canam』の人気モデルであり、注目の若手女優の山本美月さんが起用されたことが明らかになりました。

山本美月さんは、昨年公開された映画『桐島、部活やめるってよ』の桐島の彼女役として注目を集め、テレビでも「ウーマン・オン・ザ・プラネット」( NTV 系)の MC なども務め、今年から来年にかけもっともブレークすると言われている女優の一人です。

そんな山本さんが演じるリンは、原作に基づいたオリジナルのキャラクター。一生懸命主人・幻蜂汐璃(剛力彩芽)の役に立とうとするが、ドジでおっちょこちょい。

山本さんは本作でメイド服に初挑戦しており、その姿は男子だけでなく女子も思わず萌えること間違いなし。併せて、初のアクションシーンにも挑戦しており2ヶ月前からアクション練習に入っています。

今回の起用にあたってのコメントは以下のとおり。

■山本美月 コメント

昔から原作のファンだったのでオファーをいただいた時は本当に嬉しかったです。
演じるリンは、いつも一生懸命で純粋で忠誠心がとても強く、みんなの事が本当に大好きな子だと思います。

いつも一生懸命なところは少し自分と似ているのかなと感じました。アクションシーンにも初挑戦したのですが、最初は後ろ回りも出来ず不安でした。

しかし、アクション部の皆さんに“楽しむところは楽しむ!真剣な時は真剣に!”と教えていただき、頑張って乗り切る事ができました。この作品を見た皆さんに、「リンカッコいい!!」と思っていただけたら嬉しいです。

■原作者 枢(トボソ)やなコメント
「桐島、部活やめるってよ」を昨年映画館で拝見したのですが、今回はその時の役と全然違うビジュアルでお写真を見たときは全くわかりませんでした。剛力さんに続き、映画オリジナルキャラクター。ワタシの持論ですが「可愛い人は何しててもカワイイ!」なので、可憐なメイドさんが大暴れしてくださるのを期待しております。

リンのキュートなキャラクターはもちろん、リンをいつも助けるセバスチャンの超人的な動きも映画の見どころの一つ。映画『黒執事』は2014年新春公開予定です。

(c)2014 枢やな/スクウェアエニックス (c)2014 映画「黒執事」製作委員会

カテゴリー : エンタメ タグ :
藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP