体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

5年連続出演のSAが会場をひとつに! 〈MAVERICK KITCHEN VOL.5〉レポPart.3

 

SA (photo by 菊池茂夫)

 

先日5月4日、毎年恒例となっているタワーレコード企画のロック・イヴェント〈TOWER RECORDS presents “MAVERICK KITCHEN”〉の第5弾が、東京・恵比寿LIQUIDROOMにて行われました。ここでは、計14組が登場し9時間以上に及んだ同公演のレポートPart.3をお届けします!

 

OLEDICKFOGGY (photo by 菊池茂夫)

 

8番手で登場したのは、ヴォーカルの伊藤雄和が持つマンドリンをはじめ、バンジョー、アコーディオン、ウッド・ベースといった楽器を含む編成のラスティック・バンド、OLEDICKFOGGY。ライヴは2011年発表のアルバム『いいえ、その逆です。』の収録曲“カーテンは閉じたまま”からスタートし、ジャンルや時代を飛び越えるようなサウンドとエモーショナルなパフォーマンス、メッセージ性の強い歌でオーディエンスの心をガッチリと掴みます。疾走感溢れる“Blow itself Away”やハードコア的な側面を持つ“暗転”ではダイヴァーも出現し、ラストの名曲“月になんて”まで、LIQUIDROOMを独特の祝祭空間に変えていました。

 

SA (photo by 菊池茂夫)

 

お次は第1回から毎年参加しており、〈MAVERICK KITCHEN〉には欠かせない存在と言えるSAが登場。TAISEI(ヴォーカル)が「かかってこいやー!!」と叫び、1曲目“YOUTH ON YOUR FEET”が始まるとフロアは大爆発! MCで「〈MAVERICK KITCHEN〉5年連続出演を誇りに思う」と語ったTAISEIは、「最後のバンドが楽しみ。14歳に戻ろうぜ!」と、17年ぶりにオリジナル・メンバーで再結成ライヴを行うアナーキーへの期待を煽ります。 

バンドは“さらば夜明けのSkyline”や“SONG FOR THE LOSER”、SAコールが巻き起こった“サマー ホリディズ スカイ”などキラー・チューンを連発。“DELIGHT”で会場はモッシュ&ダイヴの嵐となり、ここまでで1番の盛り上がりを見せます。そこでライヴは終了かと思いきや、最後の最後にタワーレコード限定シングル“NO MUSIC, NO LIFE.”のサビ部分を演奏! ニクい演出で5回目の〈MAVERICK KITCHEN〉に華を添えてくれました。

 

ドレスコーズ (photo by 菊池茂夫)

1 2次のページ
タワーレコードの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。