ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモ、7インチWUXGAのIGZOパネルを搭載したAndroidタブレット「AQUOS PAD SH-08E」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTTドコモは5月15日、2013年夏向けのタブレット新機種として、シャープ製Androidタブレット「AQUOS PAD SH-08E」を発表しました。発売時期は7月下旬です。AQUOS PAD SH-08Eは、7インチ1,920×1,200(WUXGA)解像度のIGZOパネル、Snapdragon 600 APQ8064 1.7GHzクアッドコアプロセッサ、2GB RAMなどを搭載した小型のハイスペックタブレット。NOTTVや地デジ放送が視聴できるフルセグに対応しており、ポータブルテレビとしても活用できます。本体は、容量4.200mAhのバッテリーを搭載しながらも、わずか285gの軽量設計。もちろん、防水・防塵にも対応しています。ディスプレイ外枠を狭めた狭額縁設計で、横幅は107mmと他の7インチタブレットよりも狭く、片手でも持ちやすいものとなっています。SH-08Eでは、高感度タッチパネルの特性を活用したスタイラスペンによるペン入力に対応しています。製品にはペン先の細いスタイラスペンが同梱しており、プリインストールされている「書ノートアプリ」を利用することで、地図やWEBページなどの表示画面をキャプチャーして手書きのメモを追加したり、手書き文字でWEB検索ができる機能を利用することもできます。 OS:Android 4.2(Jelly Bean) サイズ:190mm×107mm×9.9mm、質量285g ディスプレイ:7インチ、解像度1,920×1,200ピクセル(WUXGA)、IGZO液晶、1,677万色 プロセッサ:Qualcomm Snapdragon 600 APQ8064T 1.7GHz(クアッドコア) GPU:Adreno 320 メモリ:RAM 2GB、内蔵ストレージ 32GB 外部メモリ:microSD/microSDHC/microSDXC(最大64GB) リアカメラ:810万画素、裏面照射型CMOS、AF対応、LEDフラッシュ、1080p Full HD動画撮影対応 フロントカメラ:210万画素、裏面照射型CMOS FOMAハイスピード(HSPA):下り最大14Mbps、上り最大5.7Mbps Xi(LTE):下り最大100Mbps、上り最大37.5Mbps 通信機能:Wi-Fi a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz帯対応)、Bluetooth v4.0、NFC(Type-A/B、FeliCa)、Wi-Fi Direct、DLNA(DTCP-IP)、赤外線(IrDA) 外部端子類:- センサー類:加速度、ライト、デジタルコンパス、近接、GPS/A-GPS バッテリー:4,200mAh 待受時間:未定(WCDMA)、未定(LTE)、未定(GSM) 通話時間:未定(WCDMA)、未定(GSM) カラー:ホワイト spモード:○ spモードメール:○ ドコモメール(クラウド):○ おサイフケータイ:×(NFC Type-A/Bには対応しています) かざしてリンク:○ ワンセグ:○ フルセグ:○ モバキャス(NOTTV):○ 赤外線通信:○(IrDA) 防水:○(IPX5/IPX7) 防塵:○(iP5X) テザリング:○(Wi-Fiは最大10台) おくだけ充電:× WORLD WING:○Source : NTTドコモ



(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、「らくらくスマートフォン2 F-08E」を発表
「Xperia A SO-04E」「Gaalxy S 4 SC-04E」「AQUOS PHONE ZETA SH-06E」の本体価格と月々サポート適用金額
Google Playストアアプリの最新版「v4.1.6」が配信中

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP