体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

THE BOHEMIANS、ザ・マックショウらが熱演! 〈MAVERICK KITCHEN VOL.5〉レポPart.2

 

THE BOHEMIANS (photo by 菊池茂夫)

 

先日5月4日、毎年恒例となっているタワーレコード企画のロック・イヴェント〈TOWER RECORDS presents “MAVERICK KITCHEN”〉の第5弾が、東京・恵比寿LIQUIDROOMにて行われました。ここでは、計14組が登場し9時間以上に及んだ同公演のレポートPart.2をお届けします!

 

MOSQUITO SPIRAL (photo by 菊池茂夫)

 

MOSQUITO SPIRAL (photo by 菊池茂夫)

4番手として登場したのは、元GASTUNKのBAKI(ヴォーカル)やLAUGHIN’ NOSEなどのバンドで活躍したKASUGA(ギター)ら凄腕のメンバーから成るMOSQUITO SPIRAL。6月4日に発売となるニュー・アルバム『LIGHT ON SHADE』に収録される“FIGHT FOR…”や“THREE SIXTY”“AKARI”などを次々と披露し、パワフルなバンド・サウンドとBAKIの圧倒的なヴォーカルでLIQUIDROOMの空気を染め上げていきます。オーディエンスもこれに応えて盛り上がりを見せ、BAKIがフロア最前列の柵に上って歌ったラストの“SAVING GRACE”で大きな歓声が挙がりました。

 

THE BOHEMIANS (photo by 菊池茂夫)

 

そして〈MAVERICK KITCHEN VOL.5〉はいよいよ中盤に突入。ロックンロール・アイドルの道を突き進むTHE BOHEMIANSがステージに現れると、女の子たちがステージ前に殺到! 彼らはコーラス・ワークも冴える“THE ROBELETTS”やポップな“シーナ・イズ・ア・シーナ”など、英国の香り漂うキラー・チューンを連発、エンターテイメント性溢れるパフォーマンスで会場全体を魅了していきます。「昼間っからロックンロールで騒いで、ロックンロール大馬鹿野郎ですね!」と観客に声をかけた平田ぱんだ(ヴォーカル)やビートりょう(ギター)に対する黄色い声援も飛び交い、人気曲“私の家”や“That Is Rock And Roll”も披露されたライヴは、さまざまなロックンロール・クラシックスを想起させるフレーズが次々と飛び出す“ロックンロール”で締め。まさに〈ロックンロール・サーカス〉と言うべきステージでした。

 

SLIGHT SLAPPERS (photo by 菊池茂夫)

1 2次のページ
タワーレコードの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。