ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony MobileがXperia ZRのホワイトペーパーを公開、OptiContrastパネルを採用しているほか、ANT+通信にも対応していることが判明

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony Mobileが昨日発表された「Xperia ZR(C550X)」のホワイトペーパーを同社の公式サイトで公開しました。公開されたのはHSPA+対応の3版「C5502」とLTE対応版「C5503」の2モデル用です。ホワイトペーパーには、公式サイトのスペックシートには記載されていない内容が記載されており、特出する点としては、OSはAndroid 4.1(Jelly Bean)、タッチパネルはカバーガラス一体型の「OptiContrast」を採用、プロセッサはSnapdragon S4 Pro APQ8064で、通信モデムにMDM9215Mを採用。SIMカードの対応規格はMicro SIM。ストレージ容量は8GBですが、システム用に3.4GB確保されており、”内蔵ストレージ”は4.6GB。通信機能では、ANT+にも対応しています。対応周波数は以下の通りです。 C5503:GSM/GPRS/EDGE(850/900/1800/1900MHz)、WCDMA/DC-HSDPA 42Mbps(850/900/2100)、LTE cat 3(800/850/900/2100/2600MHz)の5バンド対応。 C5502:GSM/GPRS/EDGE(850/900/1800/1900MHz)、WCDMA/DC-HSDPA 42Mbps(850/900/1700(AWS)/1900/2100MHz)Source : Sony Mobile(C5502)(C5503



(juggly.cn)記事関連リンク
Adobe、Flash Playerの新バージョン「11.1.115.58(ICS用)」と「11.1.111.54(GB/HC用)」をリリース
英Clove・HandtecでXperia Lが発売開始
らくらくスマートフォン2 F-08E、4.3インチのホワイトマジックディスプレイやSnapdragon 1.7GHzクアッドコアプロセッサを搭載

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。