ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ゆるキャラ・ふなっしー TV取材のギャラは5万円+交通費

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今やテレビやCMに引っ張りだこの超人気ゆるキャラ、千葉県船橋市のふなっしーだが、実は、行政からは認められていない“非公認ゆるキャラ”だ。市民からは公認にすべきとの声もあるが、一方ではこんな批判的な声も聞こえてくる。あるテレビ局関係者が語る。

「ふなっしーにインタビュー取材を申し込んだんですが、いきなりメールで“(ギャラ)5万円プラス交通費で”と返信が来たんです。人気が出る前は、基本的にノーギャラで、“非公認のふなっしーを取り上げてくれてありがとう”みたいな低姿勢な感じだったんですがね…。地域振興のキャラクターがお金に執着するのは、ちょっと引きますよね。人気が出て、“銭ゲバ”になってしまった印象が拭えません」

 さらにふなっしーグッズにも不満の声が。

「ふなっしーの顔がデザインされているトートバッグやポーチもすべて2000円以上します。開運ブレスレットは4000円近くもするんです。気軽に買える代物ではないですよね」(ふなっしーファン)

 そういえば、ふなっしーが『スッキリ!!』(日本テレビ系)に出演した際、司会の加藤浩次(44才)もこんな発言をしていた。

「ふなっしーグッズが高すぎるよ! 2000円超えてるよ。1000円くらいだよ!」しかし、この“銭ゲバ”批判も、行政に認められないのが原因だと、キャラクター研究家・犬山秋彦氏は語る。

「非公認キャラは行政からの援助も受けられず、イベントに参加するための交通費などを自費で負担しています。活動が忙しくなりすぎると本業がおろそかになり、収入も激減するので、ギャラも割高になってしまうんじゃないでしょうか。また、ふなっしーは東日本大震災からの復興を強く願っており、グッズ生産を被災地に依頼しているんです。そのため、どうしても値段が高くなってしまうようです」

※女性セブン2013年5月23日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
船橋市非公認ゆるキャラふなっしー 非公認理由を市が解説
ゆるキャラの「くまモン」 コストの方が上回る可能性との指摘
「ご当地キャラ総選挙」 “ゆるキャラ”の名称使わぬ理由

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP