ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

CyanogenMod搭載端末の外観をXperia風に変えるテーマアプリ「SONY UXP」がリリース、簡単操作で切替え可能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

CyanogenModやAOKPなどのAndroidベースのカスタムROMの外観を簡単な操作ですぐにXperia 2012年モデル風に切り替えらることができるテーマ「SONY UXP THEME」がGoogle Playストアでリリースされました。これは、CyanogenModのテーマ切替え機能用に作成されたカスタムテーマです。CyanogenMod 9/10/10.1を始め、AOKPなどのCyanongenModベースのカスタムで利用できます。テーマの適用方法は、Google Playストアからテーマをインストール後、設定メニューの「Themes」をタップし、テーマ選択画面でSONY UXPを選択するだけ。一発で切替わります。

具体的には、ホームアプリの外観、壁紙、設定メニューの外観、ソフトウェアボタンの外観、システムアプリのアイコン、ステータスバー上のアイコン、カメラアプリのシャッターボタンがXperia風になります。ZIPをフラッシュしたり、システムアプリの入れ替えなどの面倒な操作は不要です。SONY UXP」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
Galaxy S 4 GT-I9500(Exynos 5 Octa版)開封の儀&ファーストインプレッション
Googleのスマートウォッチは実在、Android版GoogleマップやGmailのUIが刷新されるという噂
Samsung未発表スマートフォン「GT-I9295」(Galaxy S 4 Active?)がBluetooth SIGの認証を取得


カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP