ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xperiaのスモールアプリに対応した仮想ボタン「どこでもホーム」がリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Xperiaスマートフォン・タブレットに搭載されているスモールアプリ機能に対応したボタンアプリ「どこでもホーム」がGoogle Playストアでリリースされました。アプリは無料です。このアプリはAndroidの操作用に仮想的なホームボタン、タスク履歴表示ボタン、通知パネル表示ボタンをスモールアプリとして実装したもので、画面上のどの位置にも配置できるので、大画面スマートフォンでホームボタンやアプリ履歴表示ボタンに指が届かない、通知パネルを引っ張り出せないという方、タブレットを持つ手の自然なポジションでボタン操作をしたいという方にお勧めのものとなっています。スモールアプリなので、ボタン以外の余白部分がアプリ領域をわずかに狭めてしまいますが、root化不要でボタンを配置できて良いと思います。ボタンは画面の左右端にぴったりフィットするようになっています。スモールアプリを右端に移動すると右手用、下端に移動させると左手用に変わります。「どこでもホーム」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobile、日本でも発売予定の「Xperia ZR」を発表、4.6インチHDディスプレイ・クアッドコアプロセッサ、IP58の防水・防塵に対応
Notion Ink Adam IIは6月に発表される見込み、仕様や価格も判明
「docomo Wi-Fi」がIEEE802.11nに対応して通信速度アップ、WPA2にも対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP