ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Multi Window Manager : 全アプリをSamsungのマルチウィンドウ機能に対応させることができるアプリ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Galaxy S III/4、Galaxy Note系のSamsung端末に搭載されているマルチウィンドウ機能に全てのアプリを対応させるアプリ「Samsung Multi Window Manager」を紹介します。これはrootアプリなので、利用するには端末をrootしておく必要があります。対応機種は、Galaxy S III/S 4、Galaxy Note/Note II/Note 10.1/Note 8.0。マルチウィンドウ機能は、スマートフォンでは画面を2分割して2つのアプリを同時に表示、タブレットでは小窓で表示するマルチタスク機能の一種です。デフォルトでは、Samsungアプリや一部のGoogleアプリでしかマルチウィンドウ機能で利用することはできませんが、今回紹介するMulti Windows Managerを利用することで、インストール済みの全アプリを対応させることができます。非サポートアプリをマルチウィンドウアプリ化するには、「Disabled Packages」リストのアプリ名をタップして、下部の「Enabled Packages」に表示させるだけです。逆に「Disabled Packages」のアプリを「Disabled Packages」に移動させると非サポート化できます。設定内容は画面ん右上の保存アイコンをタップし、端末を再起動すると適用されます。アプリは無料で利用できますが、117円で販売されているPro版を購入すると、設定保存後に自動的に再起動する機能、新規インストールアプリを自動的にマルチウィンドウに対応させる機能、設定内容のバックアップ/リストアなどの追加機能が利用できます。「Samsung Multi Window Manager」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
「docomo Wi-Fi」がIEEE802.11nに対応して通信速度アップ、WPA2にも対応
NTTドコモ、「らくらくスマートフォン(F-12D)」と「Optimus Life L-02E」のソフトウェアアップデートを開始
CyanogenMod搭載端末の外観をXperia風に変えるテーマアプリ「SONY UXP」がリリース、簡単操作で切替え可能

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP