ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Googleの新メッセージングサービス“Babel”の正式名称は『Google Hangouts』、Google I/Oで正式発表へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Googleが以前よりテストしているとウワサの新メッセージングサービス“Babel”、その正式名称は『Gogole Hangouts』になるとTechRadarが伝えています。この情報は匿名のグーグラーにより寄せられた情報として紹介されています。

そのグーグラーは先月同サイトに“Babel”時代のスクリーンショットを提供した方と同じで、今回はサービス名が“Google Hangouts”になるという情報のほか、「Sign out of Hangouts」のリンクが見られるスクリーンショットを提供しています。

『Hangouts』は既に『Google+』のビデオチャットの名前として使用されていますが、その機能を包含して独立したチャットサービスに格上げしたということでしょうか。そのグーグラーは、新『Hangouts』は来週の『Google I/O』で正式に発表されるとも話したそうです。
Source : TechRadar



(juggly.cn)記事関連リンク
Motorola XT1058”ghost”がGFX Benchmarkの公式サイトで見つかる
Galaxy S 4 miniの写真が複数流出、Galaxy S IIIと並べたものも
Googleの新サービス「Google Play Games」の存在がGoogle Play Servicesアプリの分解調査で判明

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP