ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ビアガーデン開戦で昼飲みや鍋料理がOKに はしご族も出現か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 立夏を過ぎてもなお昼夜の寒暖の差が激しいこの時期。だが、「真夏の風物詩」であるビアガーデンは年々オープン時期が前倒しになり、早くも全国各地で賑わっている。

 駅前に百貨店が多く、屋上ビアガーデンの激戦区となっている東京・池袋を例に、最新のビアガーデン事情を探ってみた。

 4月26日に「屋上ビアテラス」をオープンさせた西武池袋本店。そして、西武に対抗するかのように翌27日に開業した東武百貨店池袋本店。まず両社に共通しているのは、ビアガーデンの客層を幅広く狙っていることだ。

 飲食業界のニュースサイト『フードスタジアム』編集長の佐藤こうぞう氏が解説する。

「ビアガーデンは会社帰りに上司・部下で立ち寄るスタイルから、デートや女子会、ファミリー層まで呼び込みたいと考えています。西武が土休日や夏季に限って昼間も営業していたり、東武が飲み放題メニューにワインやカクテルを加えたりしているのは、様々なシーンで訪れる女性客を意識しているからです」

 流行に敏感な女性客を満足させるには、酒類だけでなく料理を充実させることは絶対条件となる。

「昔のビアガーデンといえば、つまみはポテトフライとソーセージみたいな世界でしたが、今はそんなありきたりでは通用しません。池袋では、西武が鍋料理や鉄板牛肉料理、東武もプルコギ鍋を用意するなど、シェフがキャスティングした本格料理でリピーターを獲得しようとしています」(前出・佐藤氏)

 料理の美味しさが口コミで広がれば、話題のスポットとして安定的に利益を得ることができる。「7月、8月の期間限定で一気に稼ぐだけではもったいない。少しでも長く営業して屋上の遊休地を有効活用したい」(流通コンサルタント)のが百貨店の本音のようだ。

 さて、気になるビアガーデン予算はどのくらいを想定しているのか。キリン食生活文化研究所の『ビアガーデンに関する調査(2012年)』によれば、2008年から減少を続けていた平均予算は5年ぶりに上昇に転じ、3888円となっている。池袋の百貨店でメイン料理がついた飲み放題コース(2時間制)は、西武が3500円(大人)、東武が3600円(男性)となっているため、消費者のアンケート調査とほぼ一致する。

 だが、今年はこんな“ツワモノ”まで出そうだという。

「アベノミクス効果も手伝って、ビアガーデンをはしごしていろんなシチュエーションを楽しむ、“ビアガーデン・ホッピング族”が出てくるかもしれません。そんなお客さんが喜ぶのは、コース料理というよりもエンターテインメント性でしょう。

 バブル期には新橋で女性の『泥んこプロレス』を見ながらビールを飲むなんてビアガーデンがありました。それは極端な企画としても、音楽やその他イベントでサプライズのあるビアガーデンが増えれば、もっと盛り上がっていくと思います」(佐藤氏)

 前述のアンケート調査で「行ってみたいビアガーデン」を聞いたところ、「お祭りや縁日の雰囲気で子供も遊べる」「打ち上げ花火が見える」といった回答も寄せられたという。開放的な気分に浸れるビアガーデン。今年は景気回復を追い風に、ますます注目されそうだ。



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
女性向けビアガーデン増加 「アウトドア志向も背景に」と識者
【プレゼント】バラ百万輪が並ぶガーデニングショウの招待券
全国のレトルトカレー300種&レトルトご飯300パックの10万円福袋

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP