ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung製タブレット「SM-T311」がGFX Benchmarkの公式サイトに登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsung未発表のAndroidタブレット「SM-T311」がGFX Benchmarkの公式サイトで発見されました。「SM-T31X」シリーズはGalaxy Tab 3の8インチモデルと噂されています。先日発表された7インチモデルの「SM-T210」がWi-Fi版、「SM-T211」がWi-Fi+3G版だったことから、「SM-T311」はWi-Fi+3G/LTE版と考えられます。GFX Benchmarkの公式さいとによると、SM-T311のOSはAndroid 4.2.2、CPUの動作クロックは200~1500MHz、GPUタイプはMali-400MP、解像度は1,280×800ピクセルとなっています。チップセットがsmdk4x12シリーズなので、搭載SoCはExynos 4 Quadと考えれます。Source : GFX Benchmark



(juggly.cn)記事関連リンク
Xperiaのスモールアプリに対応した仮想ボタン「どこでもホーム」がリリース
Multi Window Manager : 全アプリをSamsungのマルチウィンドウ機能に対応させることができるアプリ
Nexus 4ホワイトカラーの写真がまたまた流出、Google I/Oで正式発表?参加者へのプレゼント用?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP