ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

頓智ドット、位置情報ソーシャルサービス「tab」のAndroidアプリをリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

頓智ドットは5月10日、同社が運営している位置情報ソーシャルサービス「tab」のAndroidアプリをリリースしました。アプリは無料。対応機種はAndroid 4.0以上を搭載した端末です。tabは、”行ってみたい”と思ったスポットの情報を位置情報付きのマイ雑誌(tab帳)として収集し、他のユーザーと共有できるサービス。行ったことのないカフェやレストランの収集、友人や家族とのお出かけや恋人とのデートに向けたネタの収集、 旅行や観光時に寄りたい場所の事前収集など、様々な場面で役立つものとなっています。アプリで作成するtab帳は言わば自分だけのオリジナル「るるぶ」や「じゃらん」といったもの。tab帳に保存できるアイテム(スポット情報など)は、自身が作成したもののほか、フォロー中のtabユーザーが投稿したもの、位置情報を利用して現在地の周辺にあるもの、アプリ内の新着・人気リストに掲載されているものなど、様々なところから収集できます。tabのアイテムには位置情報が付いており、地図で場所を確認できるほか、Googleマップと連動しており、アイテムの場所のナビを簡単に実行することもできます。tabでアイテムを保存する時に通知機能の利用設定をしておくと、そのアイテムが今いる場所の近くの場合にプッシュ通知で知らせてくれます。tabはマルチデバイス・マルチプラットフォームに対応しており、スマートフォン、タブレット、PC、iPhone、iPadでも利用できます。「tab」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
イーモバイル、Stream X GL07S向けにデニムブランド”Lee”とのコラボケースを発売
Google I/O 2013の公式Androidアプリがリリース
クラウドストレージサービス「Copy」のAndroidアプリがv2.00.044にアップデート、アプリUIが刷新

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP