ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

松井育てた長嶋茂雄 世界を股にかける人間が元々好きだった

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 この2人を「理想の師弟」と呼ぶことに、異論を唱える人はおそらくいないだろう。5月5日、国民栄誉賞を同時受賞した、長嶋茂雄氏(77)と松井秀喜氏(38)だ。絶大な人気を誇る2人の国民的スターだが、彼らにはまだ知られざるエピソードがある。スポーツライター・永谷脩氏がその秘話を綴る。(文中敬称略)

 * * *
 長嶋茂雄の携帯電話が鳴った。ニューヨークにいる松井秀喜からのものだった。

「監督がもらうのは当然ですが、僕がもらっていいのでしょうか。お断わりしようと思うのですが」

 その時の長嶋の答えは、

「一緒にもらうんだから価値があるんだ。いいんじゃないの?」

 その結果、5月5日、東京ドームでの松井の引退式の場が、長嶋との国民栄誉賞の共同受賞の場になった。

 長嶋が打席に立ち、投げるのは松井、捕手は原辰徳・巨人監督。球審を安倍晋三・首相が務め、立会人には過去、球界で国民栄誉賞を受賞した王貞治と衣笠祥雄がいる。皇室のような「権威」と「勲章」が大好きな長嶋ではあるが、参院選を見据えた、時の政権の人気取りに利用されているのではないかと思うと、複雑な気持ちになった。

「長嶋さんが“もらおう”と言ったら断われない。松井にとって、あの人は絶対だから」

 球界ではこうした意見がよく聞かれた。

 松井の長嶋への感謝の思いは人一倍強い。まず2人の関係を語る上で外せないのは、巨人時代に長嶋が打ち出した「4番打者・1000日計画」に基づき、連日連夜行なわれた「素振り特訓」であろう。

 バットを横に構えた長嶋のグリップエンドに向かって、松井が思い切って振り抜く。その音で、調子のいい・悪いがお互いにわかったという。松井がメジャーに渡ってから、長嶋はたった1度だけアメリカを訪問したことがあるが、その時も長嶋は「いつものヤツをやろうか」と声をかけ、有名なプラザホテルの最上階でも特訓が行なわれた。

 松井の“仇敵”といわれたイチロー(現・ヤンキース)は、「自分のために時間を割いて尽くしてくれるコーチの言うことだけは信じたい」と言って、夜間練習にずっと付き合ってくれた河村健一郎(現・阪神二軍コーチ)の言葉だけは素直に聞いた。同じような気持ちが、松井にもあったに違いない。

 そして何より大きいのは、松井が「今は何を言っても裏切り者と言われるかもしれない」と表現した“四面楚歌”のメジャー挑戦について、長嶋が「最後の後押し」をしてくれたことだ。

 時間をかけて育て上げた松井を、長嶋が気持ち良く送り出したのには、理由があると思う。長嶋は昔から世界を股にかける人間が大好きだった。常に世界を意識していたからだ。

 私がかつて少年誌の仕事をしていた頃のこと。「野球少年のために何か書いて下さい」とサインを頼むと、『世界を目指せ』と書いてくれたことがあった。もう40年も前の話である。

 またある時、日米大学野球出場のために渡米を控えていた法政大の江川卓(元・巨人)と、同志社大の田尾安志(元・楽天監督)を連れて、長嶋邸に挨拶に行った。かつて長嶋の「運転手」をしていたという、異色の経歴を持つカメラマンの発案による“アポ無し”の訪問だ。しかし、長嶋は快く迎えてくれ、「頑張って日本のために戦ってこい」と言って、2人に餞別までくれた。中には「300ドル」が入っていた。

「やっぱり長嶋さんって凄い。家にいつも米ドル紙幣があるんだから」

 江川たちがこう言って、変なところで感動していたのを思い出す。

 日本のスーパースターでありながら、その枠にとらわれず、いつも世界に目を向けていた人だったからこそ、松井のメジャー行きの背を押したのだろう。

※週刊ポスト2013年5月24日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
長嶋茂雄氏 名古屋出身の巨人ファンに「ドラ応援しなきゃ」
「誠実で裏がなく、分け隔てないのはONと松井だけ」と記者
長嶋・松井の祝賀試合 終了後にスコアを見た記者が鳥肌立つ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP