ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

吉原正行監督×堀川憲司プロデューサースペシャル対談公開中!アニメ『有頂天家族』公式サイトオープン

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

京都・下鴨神社近くに暮らす狸の家族をユーモラスに描いた森見登美彦さんの小説『有頂天家族』(幻冬舎)がアニメ化。2013年5月9日に本オープンした公式サイトでは、吉原正行監督と堀川憲司プロデューサーのスペシャル対談の第一弾が公開されています。

『さよなら絶望先生』の久米田康治さんによるキャラクター原案も世界観にぴったりな本作。制作するP.A.WORKSは、富山県南砺市に堀川プロデューサーが設立。これまでに『CANAAN』『花咲くいろは』などのアニメ制作や、ゲーム『レイトン教授』シリーズのアニメーションパートも手がけています。

対談では、堀川プロデューサーが『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』などに携わっていた吉原監督に白羽の矢を立てた理由についても言及。「実はもっと人間くさい、感情の幅のあるような作品が向いていると思っていたんですよ。さらにディズニーも好きなので、柔らかい動きで動かしてなんぼ、という作品も合うだろうと」と述べ、『有頂天家族』にぴったりだとしています。

『東のエデン』副監督当時に、気の利いたセリフを書く作家として森見さんの小説を何冊か読んでいたという吉原監督。『有頂天家族』については、雷嫌いのお母さんのもとに矢一郎、矢三郎、矢四郎が駆けつけるシーンが印象的だったとのこと。
対談は全四回になり、毎週木曜日に公開。今後はP.A.WORKSの設立や制作作品、アニメ化をするにあたってのこだわりが語られることになっています。

下鴨家の四兄弟に櫻井孝宏・諏訪部順一・吉野裕行・中原麻衣、母には井上喜久子、弁天に能登麻美子といったキャストにも注目したいアニメは、2013年7月よりTOKYO MX、、KBS京都、サンテレビ、BS11、キッズステーション等で放送予定。
また、2013年6月16日には作中にも登場する京都南座でキャスト・スタッフのほか原作者の森見さんを迎えた先行プレミアムイベントも開催されることになっています。一般発売が2013年5月24日よりとなっているので、原作ファンで最速プレオーダーを逃したという人はお忘れなく!

TVアニメ『有頂天家族』公式サイト
http://uchoten-anime.com/

カテゴリー : ガジェ通 タグ :
ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP