ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android向け日本語入力アプリ「Simeji」がv6.0にアップデート、ユーザーインタフェースに「スライドUI」を採用

DATE:
  • ガジェット通信を≫

バイドゥは5月9日、Android向け日本語入力アプリの定番「Simeji」の新バージョンv6.0をリリースしました。v6.0では 各種メニューを表示する仕組みがリリース時から前回のv5.7までの階層的なものから「スライドUI」に刷新されました。スライドUIでは、キーボードがスライドしてメニューを表示し、各メニューはフルスクリーンで表示されるため、操作が直観的になったほか、絵文字やスタンプの選択時に画面を広くなるので、入力するものが選びやすくなります。キーボード上のマッシュルームボタンをタップするとキーボードが右側にスライドし、テキストスタンプ、mixiの絵文字入力、アドレス選択、音声入力、録音入力、スキンギャラリー、Simejiの設定にアクセスできます。マッシュルームアプリもスライド後のメニューリストから起動できます。バイドゥの発表によると、6月上旬には、記号パレットの追加や数字キーボードの刷新したv6.1がリリースされる予定です、。「Simeji」(Google Playストア)Source : PRTIMES(バイドゥ)



(juggly.cn)記事関連リンク
Amazonが3Dディスプレイを搭載したスマートフォンを開発しているという噂
Facebok Homeのダウンロード数が100万回に到達、今後のアップデートにおける新機能も判明
ソフトバンクの「シンプルスマホ 204SH」が本日発売、ソフトウェアアップデートも提供中

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP