ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SMAP、新シングル“Joy!!”は5タイプで登場! 凛として時雨TK制作曲も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

 

6月5日に発売されるSMAPのニュー・シングル“Joy!!”の収録内容があきらかとなった。

香取慎吾主演の連続ドラマ「幽(かす)かな彼女」の主題歌“Joy!!”を表題曲とする本作は、SMAPにとって通算50枚目のシングル。そのことにちなんで、ファンへの感謝の気持ちを込めた〈50(GO)! for SMAP!キャンペーン〉が実施されることが決定した。

まず、シングルはジャケットのカラーも絵柄も異なる〈ビビッドオレンジ盤〉〈ライムグリーン盤〉〈スカイブルー盤〉〈ショッキングピンク盤〉〈レモンイエロー盤〉の5タイプで登場。〈ビビッドオレンジ盤〉には、TVCMでオンエアされている三波春夫“世界の国からこんにちは”のカヴァーが追加され、付属のDVDに“Joy!!”のPVを収録。〈ライムグリーン盤〉もDVD付きで、凛として時雨のTK(ヴォーカル/ギター)が作詞/作曲したスピード感溢れるシリアスなロック・ナンバー“掌の世界”と同曲のPVが楽しめる。なお、凛として時雨がほかのアーティストに楽曲を提供するのは今回が初めてとのこと。

そして〈スカイブルー盤〉のカップリングは、SMAPのシングル50枚を30分の長さにミックスした“Can’t Stop SMAP!! ~ 50 Singles Non-Stop Mix”に。こちらに付属するDVDは“Joy!!”のPVドキュメンタリーおよび“掌の世界”のPVメイキング映像で構成される。以上3タイプと、EPサイズジャケット仕様でCDのみとなる〈ショッキングピンク盤〉は初回生産限定盤で、同じくCDのみの〈レモンイエロー盤〉は〈ライムグリーン〉と同内容の予定。

また、今回のキャンペーンでは、シングルの購入者を対象とするさまざまな企画を用意。各パッケージに応募用のシリアルコードが封入され、〈ビビッドオレンジ〉のコードで「幽かな彼女」の〈ドラマファンミーティング〉の参加抽選権、それ以外の4タイプでは〈50thシングル記念ロゴグッズ〉などが抽選で最大5,000人に当たる。また、すべてのコードを集めると、応募者全員に“Joy!!”のPVの別ヴァージョンを収めたDVDと〈50thシングル記念グッズ〉をプレゼント。このDVDには、メンバーひとりひとりをフルコーラス追いかけたソロ・ヴァージョンの映像5タイプが収められる予定。また、〈ショッキングピンク〉には〈Joy!!ロゴステッカー〉が、〈レモンイエロー〉にはイヴェント〈みんなで踊ろう!Joy!!ダンスイベント〉の抽選参加券が同梱される。

★SMAP“Joy!!”の楽曲およびPVについてのニュースはこちらから
★SMAPが歌うTBS系ニュース番組「Nスタ」テーマ曲“Yes we are”のニュースはこちらから
★5月13日放送「SMAP×SMAP」のニュースはこちらから

 

〈SMAP “Joy!!”収録内容〉
【ビビッドオレンジ盤】※初回生産限定
〈CD〉
1. Joy!!
2. 世界の国からこんにちは
3. Joy!!(back track)

〈DVD〉
・“Joy!!”(MUSIC VIDEO)
封入:キャンペーン応募シリアルコード(1)

【ライムグリーン盤】※初回生産限定
〈CD〉
1. Joy!!
2. 掌の世界
3. Joy!!(back track)
4. 掌の世界(back track)

〈DVD〉
・“掌の世界”(MUSIC VIDEO)
封入:キャンペーン応募シリアルコード(2)

【スカイブルー盤】※初回生産限定
〈CD〉
1. Joy!!
2. Can’t Stop SMAP!! ~ 50 Singles Non-Stop Mix

〈DVD〉
・“Joy!!”(MVドキュメンタリー)+“掌の世界”(MVメイキング)
封入:キャンペーン応募シリアルコード(3)

【ショッキングピンク盤】※初回生産限定/EPサイズジャケット
〈CD〉
1. Joy!!
2. Joy!! Remix(仮)
3. Joy!!(back track)
封入:キャンペーン応募シリアルコード(4)、Joy!!ロゴステッカー

【レモンイエロー盤】
〈CD〉
1. Joy!!
2. 掌の世界
3. Joy!!(back track)
4. 掌の世界(back track)
封入(初回生産分のみ):
キャンペーン応募シリアルコード(5)、イヴェント〈みんなで踊ろう!Joy!!ダンスイベント〉抽選参加券

カテゴリー : エンタメ タグ :
タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。