体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

産業競争力会議 竹中平蔵氏、立地競争力他ブリーフィング 4月17日 21:15より 六本木アカデミーヒルズ

2013年4月17日 21:15より 六本木アカデミーヒルズで
産業競争力会議 竹中平蔵氏、立地競争力他ブリーフィングがおこなわれました。
当日資料はこちら 

 

週刊アベノミクスチャンネル001 [Kindle版]発売中
目次
1、「産業競争力会議での『立地競争力強化』提案(アベノミクス特区など)についての解説」竹中平蔵
2、今後のアベノミクスを展望する 高橋洋一vs岸博幸
岸博幸 (著), 高橋洋一 (著), 竹中平蔵 (著), 東京プレスクラブ (著) 
Kindle価格250円 ご購入はこちら (amazon)

竹中平蔵冒頭説明  後半質疑コーナー 以下書起し抜粋

皆さん,こんばんは。産業競争力会議がひらかれまして私自身が民間議員として立地競争力の主査を担当しています。総理の前で議論する機会がありました。アベノミクスチャンネルを通じて議論ができるのを嬉しく思います。

かねてから、きょうも総理に申し上げたが、経済政策には1つの思想、哲学、エコノミックスが必要だと思う。今、金融政策、非常に明確な成果が出ているのは安倍総理自身が金融政策、デフレ対策、そういったものに対して明確なエコノミクス哲学を持っていて、それを推進されたからだと思います。そういう観点から言うと、成長戦略、経済を成長させるために必要な哲学、エコノミクスは何かということを考えると、私はやはり立地競争力の観点から2つ重要だと考えました。

1つはまさに規制改革です。規制改革に関しては、第1回の産業競争力会議で、1丁目1番地と申し上げて、総理もそれを受けて1丁目1番地と。しかし、規制改革は現実には岩盤に突き当たってなかなか進みません。その規制改革の突破口として、今までにはなかった形の特区を作るというのが今日の1つの提案です。安倍内閣だからこそできる特区、という意味で、私は今のところアベノミクス特区と呼んでいます。これは後々、政府の中で正式な名前が付けられると思いますが。通称・アベノミクス特区で良いのではないかと思います。

そして、もう一つの哲学は、官業の民間開放だろうと思います。その突破口として、その象徴としてコンセッションを提唱しました。コンセッションというは、要するにインフラの運営権を民間に売却して、運営を民間に委ねると言うことです。世界には、インフラの運営、例えば港湾とか上下水道とかの運営などで世界的に活躍している大きな企業がありますが日本にはありません。それは、理由は単純明快で、国内でそういった仕事は全部、官が取り込んで、民間にやらせてもらえないわけです。国内でできないことを世界で競争できるわけない。その意味で、規制改革の突破口としてのアベノミクス特区。そして官業の民間開放の象徴としてのコンセッション。というのをこれまで案として練ってきまして、きょう提言させていただきました。

この間、特区担当の新藤大臣とは3回会って議論。コンセッションに関連する太田国交相とも2度議論させていただいた。そして特区をやる場合は、東京、大阪とか。猪瀬知事、愛知の大村知事、大阪の橋下市長とも連絡を取り合って、国が本記になってやるのならば、こういうことができるのではないかというような、具体的な問題についても情報収集した上で、大臣と詰めて、最終的には甘利大臣や西村副大臣とも相談しながら、今日の提案を行なっております。

特区は2002年に始まりました。まさに私が経済財政担当大臣の時に総理が受けて下さって始まったものであります。その後、特区は一つの大きな成果を上げたと思う。さらには、新しい形の総合特区もできた。最近の特区は、政治的なモメンタム、勢いが落ちて、非常に効果を上げていない状況にあったと認識しています。例えば、特区を担当している地域活性化の部署の資料によっても、特区の申請そのものを最初から119ぐらいに絞り込んで119のうち、さらに、実際に彼らは60件については合意を得たと言っていますが、そのうち55件は今までの制度でできますよと言う実質的な門前払いみたいな形になっています。これは各知事や首長との話した時に、今の特区は本当に使い勝手が悪くて何もできないと大変不満を述べておられます。

1 2 3次のページ
東京プレスクラブの記事一覧をみる

記者:

東京プレスクラブについて: 「オープン&シェア」を合言葉に、現在話題となっている出来事の取材やネットでのオープンな資料・素材公開をおこなっているブログメディアです。特定の記者やジャーナリストだけではなく「新しいテクノロジーを使って誰でも参加できる情報共有の場をつくる」ことを目標に、共有すべき資料は迅速に共有し拡散することで皆さんのお役に立つことを目指しています。 東京プレスクラブに掲載された情報は転載・引用・転送・共有・拡散、すべて自由です。もちろん、ブログ、ニュースサイト、新聞、雑誌、テレビ、ラジオ等々のメディアでの利用も自由です。

ウェブサイト: http://tokyopressclub.com

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会