ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HTCのWindowsタブレット”R7”と”R12”の噂、2機種ともWindows Blueを採用か?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

HTCのWindowsタブレットに関する新情報がPhone Arenaで伝えられています。同ブログによると、HTCは現在”R7”、”R12”と呼ばれる2機種のWindowsタブレットを開発しており、どちらもWindows 8/RTの次期アップデート版となるWindows Blueを採用しているそうです。Windows Blueは2013年後半に利用可能になると言われており、そのリリースに合わせて発表されることが予想されます。”R7”は7インチディスプレイを搭載した小型タブレットで、1,920×1,080ピクセルの液晶、2.3GHz駆動のSnapdragon 800プロセッサ、2GB RAM、16GB ROM、Micro SDカードスロットを搭載。HDMI出力端子やNFCは非搭載ながらも、HSPA+/LTEのモバイルデータ通信に対応するとのことです。”R12”については、画面サイズ以外の主要スペックは”R7”とほぼ一緒で、12インチ2048×1536ピクセルの液晶を搭載すると伝えられています。2機種ともCPUはARMアーキテクチャー、OSはWindows Blue RTを採用する模様です。Source : PhoneArena



(juggly.cn)記事関連リンク
Sonyが米国でSIMロックフリーのXperia SP LTE版の予約販売を開始、5月20日に発売予定
Samsung、13分間のGalaxy S 4の紹介動画を公開
LG、5月30日にマカオで新型スマートフォンを発表、Optimus G2?Optimus G Pro?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP