ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

写真を“懐かしのゲーム風”にアレンジするiOSアプリ「ファミ魂カメラ」 ミニゲームを遊べる“裏技”も用意

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ファミ魂カメラ今ゲームというと、実物と見間違えるほどリアルで緻密なグラフィックで表現でされているものが多いが、コンシューマーゲーム黎明期に大流行した「ファミリーコンピュータ」のような画面を、懐かしく思い出すこともあるかもしれない。

iOS向けにリリースされたアプリ「ファミ魂カメラ」は、写真を“レトロなゲーム画面”のように加工することができるツール。「飲み会」「食事」「お出かけ」「その他」といった4つのシーン別、42種類以上のパターンから好きなフレームを選択すると、カメラモードが起動するので、そのまま写真を撮影できるほか、アルバム内に保存されている写真を読み込んで使うこともできる。

写真のサイズや位置、角度は、指でつまむ操作で自在に調整したり、“回転ボタン”を押して90度ずつ写真を回転させることが可能だ。また、画面にエフェクト効果をかけることもでき、“白黒”のほか、画像をわざと粗くし、色数を抑えた“ファミ魂加工(カラー、白黒)”や、“ファミ魂加工”より鮮明なカラー加工を施す“超ファミ魂加工(カラー、白黒) ”といった処理を加えることで、オリジナリティある写真の仕上がりとなる。さらに、ドット加工処理を加えることもできるので、自分だけのオリジナル写真にアレンジして楽しめるようになっている。

「ファミ魂カメラ」は、iOS 4.3以降のバージョンに対応しており、ユーザーから新たな追加フレームの要望を受付中。また、ミニゲームを遊べるようになる“裏技”が用意されているので、アプリを利用して楽しみながら、“裏技”を探してみてはいかがだろう。

ファミ魂カメラ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。