ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンク、コンパクトサイズのAndroidスマートフォン『AQUOS PHONE ss 205SH』を発表、放射線測定機能が復活

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソフトバンクは5月7日、SoftBankスマートフォンの2013年夏モデルとして、シャープ製Androidスマートフォン『AQUOS PHONE SS 205SH』を発表しました。発売時期は2013年6月中旬以降です。

『AQUOS PHONE SS 205SH』は、画面サイズ4インチのコンパクトサイズのボディが特徴のミッドレンジクラスのAndroidスマートフォン。本体幅が60.4mmで細く、背面のラウンドフォルムにより、女性の手にもすっぽり収まるものとなっています。女性向けと位置付けられています。

初代『PANTONE』スマートフォンに搭載された「放射線測定機能」が205SHで復活しました。ただ復活しただけではなく、従来機種よりも測定時間が約2分から約1分に半減するなど、性能も上がっているそうです。

他の夏モデルと同様に、TD-LTE互換の『SoftBank 4G』にも対応しており、下り76Mbpsのデータ通信も利用できます。OSはAndroid 4.1(Jelly Bean)を標準搭載。国内定番機能としては、『おサイフケータイ』、ワンセグ、赤外線通信、防水に対応しています。NFCと防塵、フルセグには非対応です。カラバリはシルキーピンク、シャンパンゴールド、ホワイト、ネイビー、ブラックの5色。

AQUOS PHONE ss 205SHのスペック
OS:Android 4.1(Jelly Bean)
サイズ:122mm×60mm×11.9mm、質量は119g
ディスプレー:4.0インチ、解像度854×480(FWVGA)、TFT液晶、1677万色
チップセット:Qualcomm Snapdragon S4 MSM8960 1.5GHz(デュアルコア)
GPU:Adreno 225
メモリ:RAM 1GB、内蔵ストレージ 8GB
外部メモリ:microSD/microSDHC(最大容量は32GB)
リアカメラ:1310万画素裏面照射型CMOS、AF、フラッシュ付き、1080pフルHD動画撮影対応
フロントカメラ:30万画素CMOS
対応周波数:GSM(900/1800/1900MHz)、WCDMA(900/1500/2100MHz)、AXGP 2500MHz
パケット通信:ULTRA SPEED(下り最大42Mbps/上り最大5.76Mbps)、SoftBank 4G
下り最大76Mbps
通信機能:Wi-Fi a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth v4.0、FeliCa、NFC、赤外線通信
外部端子類:-
センサー類:-
バッテリー :2080mAh
連続待受時間:未公開
連続通話時間:未公開
おサイフケータイ:○
ワンセグ:○
赤外線通信:○
世界対応ケータイ:○
防水・防塵:○(IPX5/IPX7相当の防)防塵は非対応
S!メール:○
デコレメール:○
ULTRA SPEED:○(下り最大42Mbps)
SoftBank 4G:○(下り最大76Mbps)
SoftBank 4G LTE:×
緊急速報メール:○
Source : ソフトバンク



(juggly.cn)記事関連リンク
Samsungが同社初のカメラスマートフォン「Galaxy S 4 Zoom」を開発しているという噂
ソフトバンク、リストバンド型活動記録計「Fitbit Flex」を用いた健康管理サービス「SoftBank HealthCare」を今年夏より提供
ディズニー、Disney Mobile on SoftBankの新型スマートフォン「DM015K」を発表

juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。