体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Sonyが米国でSIMロックフリー版Xperia Zの直販を開始

Sonyが先週末より米国のSony Storeを通じてSIMロックフリー版Xperia Zの販売を開始しました。Sony Storeで販売されているXperia Zは3G HSPA+対応の「C6602」。パープル、ブラック、ホワイトの全色が販売されています。価格は$629.99(約62,000円)と他店よりも若干高めに設定されています。Xperia ZはSony MobileのフラッグシップモデルとなるAndroidスマートフォン、Android 4.1.2(Jell Bean)、5インチ1,920×1,080ピクセルのRealityディスプレイ、1.5GHz駆動のSnadragon S4 Proクアッドコアプロセッサ、2GB RAM、HDRムービー対応の1,300万画素Exmor RSカメラ等を搭載しています。C6602の対応周波数はGSM(850/900/1800/1900MHz)、WCDMA(850/900/1700(AWS)/1900/2100MHz)となります。Source : Sony Store



(juggly.cn)記事関連リンク
Huawei P6-U06の実物写真が流出、今回の写真の本体カラーはブラック
Android版「Viber」がv3.0にアップデート、アプリUIが刷新、Windows版とMac版もリリース
LG、米Sprint向けにフルHDディスプレイ・Snapdragon 800プロセッサを搭載した「LG-LS980」を開発中

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。