ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Acer、10インチAndroidタブレット「ICONIA A3」を6~7月に投入予定、Acer幹部が明かす

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Acerが「ICONIA B1」の次世代モデルや10インチクラスの低価格Androidタブレット「ICONIA A3」の発売計画を明らかにしたとFocus Tiawanが報じました。この情報は、Acerの上級副社長兼Acerグレーターチャイナの社長の務めるScott Lin氏が同氏とのインタビューで明らかにしたことだとして伝えられています。記事によると、Acerは5月3日にニューヨークで発表した7.9インチの「ICONIA A1」を6月に発売した後、7インチのICONIA B1の後継を6月、そして、「ICONIA A3」と呼ばれる10インチタブレット(Android)を発売する計画とのことです。ICONIA B1の後継では、フォームファクターを一新し、プロセッサは1.2GHzデュアルコアのままですが、アップグレード版を採用。RAM容量を1GBに倍増したところが大きな変更箇所とされています。スペックアップしたので価格も若干上がる見込みとのことです。10.1インチタブレットの詳細は不明ですが、MediaTek製プロセッサを搭載することが噂として伝えられています。同氏はAndroidタブレットのほかに、以前より情報が流出している8.1インチのWindows 8タブレット「ICONIA W3」について、6月中に発売を予定していると述べたそうです。Source : Focus Taiwan



(juggly.cn)記事関連リンク
ソフトバンク、リストバンド型活動記録計「Fitbit Flex」を用いた健康管理サービス「SoftBank HealthCare」を今年夏より提供
ディズニー、Disney Mobile on SoftBankの新型スマートフォン「DM015K」を発表
ソフトバンク、コンパクトサイズのAndroidスマートフォン「AQUOS PHONE ss 205SH」を発表、放射線測定機能が復活

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP