ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HTC Oneグローバル版のClockworkModリカバリ導入手順とroot化手順

DATE:
  • ガジェット通信を≫

HTC Oneグローバル版のリカバリイメージの書き換え手順とroot化手順を紹介します。HTC Oneをroot化するには、リカバリイメージを変更しておく必要があるので、まずは、リカバリイメージの変更手順(ClockworkModを利用)紹介します。リカバリイメージをカスタム版に書き換えるにはブートローダーがアンロック状態である必要があるので、アンロックしてない場合はHTCdev.comよりアンロックしてください。リカバリイメージの書換え手順(ClockworkModリカバリを利用)STEP1:XDA DevelopserなどのWEBサイトからClockworkModなどのカスタムリカバリを入手します。今回はClockworkMod.comで配布されている「recovery-clockwork-6.0.3.1-m7.img」を利用しました。ダウンロード後、ファイル名を「recovery.img」に変更します。STEP2:HTC Oneのブートローダー(HBOOT)を起動(ボリュームダウン+電源ボタンの同時長押し)。STEP3:HTC OneとPCをUSBケーブルで接続します。そして、HTC One上で「Fastboot」にカーソルを合わせ、電源ボタンを一度押します。すると、画面上に「Fastboot USB」の文字が表示されます。その状態のまま次へ。STEP4:Windows PC上でコマンドプロンプトを起動し、ClockworkModをホットブートさせます(実際には書き込まない)。これは、nandroidバックアップを取得するためです(標準リカバリも含めて)。次のコマンドを実行します。

fastboot boot recovery.img

STEP5:ClockworkModリカバリの画面が表示されたら、「Backup and Restore」→「Backup」を実行します。STEP6:バックアップ取得後、HTC Oneを停止させ、再度、HTC Oneのブートローダーを起動します。STEP7:HTC OneとPCをUSBケーブルで接続し、「FATBOOT」にカーソルを合わせて電源ボタンを一度押します。Fastbootモードになったところで、次のコマンドを実行して、リカバリをClockworkModリカバリに書き換えます。

fastboot flash recovery recovery.img

STEP9:書き換え完了後、「HBOOT」にカーソルを合わせて一度電源ボタンを押し、HBOOTモードにします。そして、「RECOVERY」にカーソルを合わせて電源ボタンを一度押すとClockworkModリカバリが起動します。root化STEP1:XDA Developersからrootツール「Android_Revolution_HD_Root_and_BusyBox.zip」をダウンロードし、HTC Oneの内蔵ストレージにコピーします。STEP2:HTC Oneをリカバリモードで再起動します。STEP3:ClockworkModリカバリのメニューから、「install zip from sdcard」→「choose zip from sdcard」→「Android_Revolution_HD_Root_and_BusyBox.zip」を選択し。書き込み処理を実行します。以上でroot化は完了です。再起動してください。Source : XDADevelopes



(juggly.cn)記事関連リンク
ディズニー、Disney Mobile on SoftBankの新型スマートフォン「DM015K」を発表
ソフトバンク、コンパクトサイズのAndroidスマートフォン「AQUOS PHONE ss 205SH」を発表、放射線測定機能が復活
ソフトバンク、質量94gの軽量防水スマートフォン「DIGNO R 202K」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP