ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Lenovo、Intel Z2580 2GHzプロセッサを搭載したAndroidスマートフォン「K900」の販売を中国で開始、価格は3,299元(約53,000円)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国 Lenovoは現地時間5月6日、同社の新フラッグシップとなるAndroidスマートフォン「Lenovo K900」の販売を開始しました。K900は、Intelが今年のCESで発表した新Atom SoC「Z2580”Clover Trail+”」を搭載したハイエンドスマートフォン。CPUは2GHzのデュアルコア・4スレッド対応で、GPUもデュアルコア化するなど、既存のAton “Medfield” Z2460/Z2480よりも性能が大きく向上しています。Antutuスコアでは28,000点と、Galax S 4 Octa版とほぼ互角です。現在のところ、K900は中国のLenovo直販サイトのみで販売されています。価格は3,299元(約53,000円)。本体はアルミ素材を採用し、厚さ6.9mmの薄型となっています、ディスプレイは5.5インチ1,920×1,080ピクセルのIPS液晶、RAM容量は2GB、内蔵ストレージの容量は16GB、Nicro SDカードは非対応。カメラは背面に1,300万画素のExmor RS(F1.8レンズ)、前面に200万画素(88度のワイドアングルレンズ)を搭載。OSはAndroid 4.2(Jelly Bena)で発売されています。ワイヤレス機能はWi-Fi b/g/n、Bluetooth v3.0、Intelワイヤレスディスプレイ、A-GPSに対応。対応周波数はGSM/WCDMA(2100MHz)、パケット通信はHSPA+(下り最大42Mbps/上り最大11Mbps)に対応。バッテリー容量は2,500mAh。本体サイズは157mm×78mm×6.9mm、質量は162g、カラバリはクールシルバー1色です。Source : Lenovo



(juggly.cn)記事関連リンク
新型番を採用したLG製スマートフォン「LG-D300」がBluetooth SIGの認証を取得
Samsung、Galaxy S 4の機能や操作を体験できるWEBシミュレーターを公開
Sonyが米国でSIMロックフリー版Xperia Zの直販を開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP