ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新マルチタスク機能”Halo”を実装したParanoid Androidビルドがリリース、Nexus 4/Galaxy Nexus/Nexus 7/OPPO Find 5で利用可能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android向けカスタムROM「Paranoid Android」の開発チームがParanoid向けの新マルチタスク機能”Halo”を実装したビルドをリリースしました。Haloを利用すると、通知がFacebookメッセンジャーのような丸型アイコンで画面上に表示され、通知をタップすると小窓でアプリがオーバーレイ表示されます。実装自体はまだ作業中というステータスで、アプリの小窓表示に関する部分がまだ未完成とされています。ROMはNexus 4、Nexus 7(Wi-Fi、3G版両方)、Galaxy Nexus(GSM)、OPPO Find 5の4機種用が公開されています。各機種用のROMにGAppsは含まれていないので、Google+の投稿のリンクより別途入手してください。手元のGalaxy Nexusで早速試してみました。通知受信時の動作、アプリの小窓表示はとりあえずちゃんと動作しています。動画やゲームを見ながらでもアプリを停止することなくメールやGoogleトークのメッセージを見れるのが便利だと思いました。Source : Google+



(juggly.cn)記事関連リンク
Sonyが米国でSIMロックフリー版Xperia Zの直販を開始
Intel、次世代Atomプロセッサ”Silvermont”の概要を発表
Samsung GT-P5200がAntutuアプリ上で見つかる、スコアが24,000台とハイスペックな模様

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP