ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

AKB総選挙 野呂、大堀、平嶋ら過去在籍メンバーどうなる?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 第5回AKB48選抜総選挙では、上位メンバーの順位の行方だけではなく、AKBグループの過去の在籍メンバーの出馬も話題を集めている。

 今回、ルール改正でAKB48グループに4年以上在籍したメンバーの出馬が可能になったことで、6人の卒業メンバーが立候補した。昨年3月に解散したSDN48からは元キャプテンの野呂佳代(29才)、佐藤由加理(24才)、小原春香(25才)、浦野一美(27才)、さらに“人妻”となった大堀恵(29才)が出ることに。

「実際、元SDNのメンバーが、発表される64位以内に入ってくるのは厳しいと思いますね。今はグループとしては活動していませんし、それぞれ個人で活動しているので、当時のファンはだいぶ離れてしまっていますから。この中でチャンスがあるとしたら、SDNでセンター経験のある佐藤や、渡り廊下走り隊7の暫定メンバーの浦野ぐらいでしょうか。それでも50位台、60位台に入るのがやっという状況ではないか」(アイドルライター)

 2012年、男性と撮った私的な写真が流出したことにより、AKBの活動を辞退した平嶋夏海(20才)の出馬も注目を集めている。

「ファンの間でもかなり話題になっていますが、応援する声のほうが多い。やはり平嶋はAKB1期からやっていたメンバーで、人気も高かったですからね。彼女はこれまで総選挙で選抜入りこそないものの、3回連続26位に入り、大きな話題になりました。だから今回も26位に入れてやろうと息巻いているファンもいます。30位台か、うまくいけば20位台も狙えるのではないでしょうか」(アイドル雑誌編集者)

 現役メンバーにどこまで迫れるのか、6月8日の開票イベントに注目だ。



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
SKE48 メンバーの一人は握手会のことを“デート”と呼ぶ
グループアイドル“第3世代”分類に当事者アイドルから異論
CDデビューHKT48 「指原以外のメンバーが育つかが鍵」との指摘

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP