ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【2013年05月06日~05月12日あなたの運勢】ガジェ通12星座占い ベスト3

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


タロット占い『Nikolaschka (ニコラシカ)』が、今週1週間のあなたの運勢を占います。2013年05月06日~05月12日の運勢 星座別ランキングはこちら!

第1位:蠍座

素直な気持ちで世界を見ることを大切にしましょう。裏を読むよりもまずはいったん素直に受け入れてみることでこれまで見えなかったものが見えてきそうです。またチャンスを焦ってつかもうとするよりも今は時期を見たほうが良さそうです。その間に人脈を広げると吉。

第2位:獅子座

週の前半は心身ともに疲れが出て調子が上がらない兆し。ゆっくり休養をとることを第一に考えて。休み明けからも無理せず後回しにできるものは後にするなど合理的に物事を片付けていくようにすると良いでしょう。失敗したことをいつまでも引きずらないことも大事。

第3位:水瓶座

今週のあなたのキイワードは『過去との決別』です。過去の失敗や未練にとらわれていることがあなたの運気を停滞させ前進を阻んでいるようです。ただしむやみに切り捨てれば良いというわけではありません。過去から学んだことは大切に活かすことで財産になります。

12星座すべてのランキングを見たい方は、今日のガジェ通12星座占いの全結果をこちら( http://getnews.jp/archives/334653 )からご覧ください。


第4位以下のランキングはこちら!

第4位:牡羊座
コミュニケーションに苦労する週となりそうです。言葉選びは慎重に行ったほうが吉。自信のあることであってもつつましく謙虚にふるまったほうが良い印象を与えることになるでしょう。行動を起こすのをためらっていたことがあるなら動き出す好機がめぐってきます。

第5位:天秤座
バランスをとることを意識することが今週の課題となりそうです。何かひとつに打ち込むのではなくまんべんなく全体を見渡すよう心掛けてください。集中力が偏るとしわ寄せがほかのところに行き後悔をすることに。礼儀正しい言動は好感度アップにつながるでしょう。

第6位:魚座
運気は前半好調をキープし後半からゆるやかに下降する兆し。大切な用件は週の前半に済ませるようにしたほうが良さそうです。また好奇心から余計なことに首をつっこむと後悔する結果になりかねないので注意して。イライラしても感情的になるのは得策ではありません。

第7位:双子座
今週は協調性が課題となるでしょう。ひとりで突っ走ろうとすれば勇み足となり失敗する可能性が高いようです。リーダーシップを発揮するよりも他者と協力することを大切に。また自分の保身ばかりを考えるのではなく他者にとって良い結果となることを行動の基盤に。

第8位:射手座
今週は行動を起こすより一度立ち止まって振り返り自身や将来のことを見つめ直す時間を持つのを優先したほうが良いでしょう。今の自分に足りていない知識や技術などを洗い出し勉強を始めるのも良いかもしれません。健康面には注意が必要です。疲労は早めに回復を。

第9位:山羊座
今週は新しいことを始めるよりもこの先の自分のための準備を整えることに時間を割くと良いでしょう。不満に思っていることや不安を感じていることは情報を集めることで解消できる見込みです。家族など親しい人に対して礼儀を欠いた言動をとりがちなので注意して。

第10位:乙女座
判断力が低下しているときです。大きな物事の決断は先送りにしたほうが良さそうです。また連絡がなかなかとれなかったり待ちぼうけを食らわされるなど相手の都合によってスケジュールに狂いが生じるかも。臨機応変に動けるよう準備しておいたほうが良いでしょう。

第11位:牡牛座
手を広げ過ぎるとどれもこれも中途半端になってしまいそう。ひとつずつ丁寧に片付けていきましょう。手を抜いたり誤魔化すなどの不真面目な態度は減点対象になりかねないので気をつけて。すぐに結果が出なくてもあとで必ず役立つこともあるはずです。焦らないで。

第12位:蟹座
運気は低調気味。ささいなことにいら立って人に当たったり雰囲気を悪くしてしまう場面があるかもしれません。腹が立っても発言するまでにまず一度大きく深呼吸して適切な言葉か吟味するように心がけましょう。行き詰まったときはその道の先輩に助言を求めると吉。

占い提供:『Nikolaschka (ニコラシカ)』

カテゴリー : エンタメ タグ :
nikolaschkaの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://nikolaschka.x0.com/top/

TwitterID: nikolaschka0815

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP