ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

AT&T版Galaxy S 4のブートローダーのアンロックに成功、Snapdragon 600版Galaxy S 4のCyanogenModの開発も進行中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米AT&T版Galaxy S 4はグローバルモデルや他社モデルとは異なり、ブートローダーがロックされた状態で販売されており、カーネルやリカバリイメージの書き換えといったハッキングは難しいと言われていますが、XDA Developers上で”djrbliss”を名乗るDan Rosenberg氏がアンロックに成功したとTwitter上で明らかにしました。写真はブートローダーをアンロックした状態のAT&T版Galaxy S 4を撮影したものとされています(リカバリを書き換えた?)。その解除手順についてはまだ公開されておらず、同氏は米Verizon版が発売される5月末までは手順を一般公開しないことを宣言しています。何か関係があるのでしょう。別のところでは、CyanogenModの創設者であるSteve Kondik氏が、Android 4.2.2ベースのカスタムROM「CyanogenMod 10.1」を搭載したGalaxy S 4のスクリーンショットを自身のGoogle+ページで公開しました。画像は米T-Mobile向けのLTE対応版で撮影されたもので、(以前、Team Hacksungは、Galaxy S 4のCMは開発しないだろうと述べていましたが)少なくともSnapdragon 600を搭載したGalaxy S 4のCyanognenModは開発されるみたいです。Source : XDA DevelopersGoogle+



(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobile、MHLアダプター「MHL to HDMI Adapter IM750」を発売へ
新しい規則の型番を採用したLG製LTEスマートフォン「LG-D500」がBluetooth SIGの認証を取得
Paranoid Androidの開発チームが新マルチタスク機能「Halo」のデモ映像を公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP