ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界中で使われているAndroidのバージョン別シェア(2013年4月)、Jelly BeanのシェアがICSを上回る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2013年5月1日までの14日におけるAndroidのバージョン別シェアがAndroid DevelopersのWEBサイトで公開されました。バージョン別シェアの順位は、1位がGingerbread(38.5%)、2位がJelly Bean(28.4%)、3位がICS(27.5%)、4位がFroyo(3.7%)、5位がEclair(1.7%)、6位がHoneycombとDonut(どちらも0.1%)という結果でした。Gingerbreadは前回よりも1.3%シェアを落としつつも、依然としてトップをキープしています。一方、毎回シェアを上げている最新版のJelly Beanは今回でICSを抜きシェア2位に浮上しました。今年発表された各社の新製品の多くがJelly Beanを標準搭載していることや、既存機種の今後のアップデートがJelly Beanを中心としたものになると予想されるので、Jelly Beanのシェアは今後数か月間は今以上の勢いで上がると予想されます。UIデザインが刷新されたICS以上で見ると、シェアは55.9%になります。Source : Android Developers



(juggly.cn)記事関連リンク
ビジュアル検索「Goggles」のUIが刷新、カメラアプリのように起動すると撮影モードに
「Beautiful Widgets」の無料版がGoogle Playストアでリリース
Sony Mobileが香港でXperia Tablet Zを発表、LTE対応版も発売される予定

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。