ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

金爆、[Champagne]らが上位に! 4月のタワレコ全店インディーズ・チャート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

2013年4月のタワーレコード全店のインディーズ・チャートを発表します!

1. ゴールデンボンバー 『ザ・パスト・マスターズ vol.1』
2. [Champagne] “Forever Young”
3. KANA-BOON 『僕がCDを出したら』
4. cali≠gari “春の日”
5. SOIL&“PIMP”SESSIONS “ジャズィ・カンヴァセイション”
6. THE STARBEMS   『FUTURE PRIMITIVE e.p.』
7. THREE LIGHTS DOWN KINGS 『BRAIN WASHING』
8. Scenarioart “ホワイトレインコートマン”
9. SEBASTIAN X “ヒバリオペラ”
10. LUNKHEAD “いきているから”

 

4月のチャートを制したのは、ゴールデンボンバーのCDデビュー5周年を記念したコンピレーション・アルバム『ザ・パスト・マスターズ vol.1』。新曲“切ないほど”やオリコンの週間チャートで1位を獲得した“Dance My Generation”など、これまでの国内盤アルバムには未収録の全16曲で構成されており、初回限定盤2タイプに付属するDVDにはさまざまなコンテンツが盛り込まれるなど、金爆の魅力を堪能できるアイテムとなっています!

そして、2位には今年2月に音楽番組「ミュージックステーション」に初出演した[Champagne]のニュー・シングル“Forever Young”が、3位には大阪・堺発のギター・ロック新鋭、KANA-BOONの初全国流通盤で、タワレコでもオススメ・アイテム〈タワレコメン〉に選出したアルバム『僕がCDを出したら』がチャートインしました。

そのほか、cali≠gari、SOIL&“PIMP”SESSIONS、Scenarioartのタワー限定シングルや、日高央(ヒダカトオル)率いるTHE STARBEMSのファースト・シングル、SEBASTIAN X、LUNKHEAD、THREE LIGHTS DOWN KINGSといったバンドの新作が初登場しています。

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP