ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ユビタス、クラウド型ゲームサービス「GameNow(ゲームナウ)」を提供開始、まずはイースや英雄伝説など国産タイトルをNTTドコモ向けAndroid端末に配信

DATE:
  • ガジェット通信を≫

クラウドコンピューティング技術の株式会社ユビタス(は4月30日、同社が海外で展開しているクラウド型ゲームサービス「GameNow(ゲームナウ)」の国内向けサービスを開始しました。ゲームナウは、ゲームをネットワーク上のクラウドサーバーで動作させ、その映像をインターネット経由で端末にストリーミング配信して楽しむゲームサービス。国内向けサービスの開始当初は、日本ファルコムの「イースI/II 完全版」「英雄伝説III 白き魔女」「英雄伝説VI 空の軌跡FC」など、5社26タイトルのゲームが配信されます。対応機種はNTTドコモのAndroidスマートフォン/タブレット9機種(F-01D、F-05D、L-01D、N-06D、N-04D、SC-01D、SC-03D、SC-03E、SC-06D )。提供タイトル、対応キャリア・機種は今後順次拡大される予定です。NTTドコモの一部機種にはLINE運営の「G CLOUD(ジークラウド)」が提供されていますが、ゲームナウの開始に伴い運営がユビタスに変わりゲームナウに統合されました。ジークラウドアプリをゲームナウにアップデートして会員登録を行うことで、ジークラウドのセーブデータをゲームナウで引き継ぎ利用することができます。ゲーム料金は100~3,999円で、1日・3日・7日・30日の期間レンタルと無制限アクセス権の2種類の方法で販売されます。ユーザーはキャリア課金やクレジットカードなどの決済方法に対応した仮想通貨「ジーコイン」を利用して、ゲームのアクセス権を購入したり、ゲーム内課金の仮想アイテムを購入することができます。「GameNow」(Google Playストア)Source : ユビタス



(juggly.cn)記事関連リンク
Samsung未発表のAndroidデジカメ「Galaxy Camera(EK-GN120)」がBluetooth SIGの認証を取得
NTTドコモの既存機種におけるAndroid 4.1/Android 4.2(Jelly Bean)へのアップデート情報が流出
"HTC M4"の公式画像が流出?外観はほぼHTC One

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP