ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

死亡した女性から子宮移植受けた女性が体外受精で妊娠に成功

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「もし神様が許すなら、私たちの子供をこの胸に抱かせてほしい…」

 そう話す彼女の存在が、不妊に悩む世界中の女性たちの希望となっている。4月12日、トルコ・アンタルヤの大学病院が、亡くなった女性から子宮移植を受けたトルコ人女性、デルヤ・セルトさん(22才)が体外受精により妊娠したことを発表した。移植された子宮での妊娠は、世界で初めてのことだ。

 セルトさんは卵巣こそあるものの、生まれつき子宮がなく、2011年8月に同病院で子宮移植の手術を受けていた。術後には生理も始まり、1年半かけて子宮が正常に機能していることが確認された。

 そこで卵巣から卵子を取り出し、体外受精を試み、受精卵を子宮に戻したところ、無事に着床。現在妊娠3週で、経過は順調だという。セルトさんのように、先天的に子宮のない女性は世界で5000人に1人の割合で存在するといわれており、子宮移植自体は彼女が世界で2例目だ。

 初の移植は2000年、サウジアラビアで行われた。このときは生きたドナーからの移植、すなわち生体移植だった。26才の女性に対し、閉経後の46才の女性の子宮を移植したが、生理こそ始まったものの、手術から99日後、患者に深刻な血栓が発生し、失敗。子宮を取り除かざるを得なかった。

 それだけに、子宮移植に加え妊娠にも成功したということは人類史上初のことであり、世界中の医療関係者大注目のニュースなのだ。昨年9月には、母子間での子宮移植がスウェーデンで成功している。この夏にもすでに保存してある受精卵を戻す計画もあり、このケースへの期待も高まっている。医学博士の森田豊氏はこう語る。

「これは、もともと子宮がないかただけでなく、なんらかの病気で子宮を摘出した女性も、自分で妊娠、出産できる可能性が出てきたことを意味するもので、医学界にとって大変大きな一歩なんです。なにしろこれまでは、子宮がんなどで子宮を摘出した女性が子供を望む場合、体外受精をした上で他人の女性の子宮を借りる、いわゆる“代理出産”を選ぶしかなかったわけですから…」

 今回のように、「移植した子宮で妊娠させる」という医療技術が確立されれば、妊娠をあきらめざるを得なかった多くの女性たちが救われることになるだろう。しかも、方法は体外受精だけにとどまらない。

「子宮移植後も卵管が問題なく機能していれば、自然妊娠だってできる可能性があります」(前出・森田氏)

※女性セブン2013年5月9・16日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
高齢出産のギネス記録は66才スペイン人女性 日本人では60才
世界最高齢出産はインド人女性ラジョ・デビさん
野田聖子議員 「“50才でも産めるんです”なんていいたくない」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP