ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google Now風UIを採用した音楽プレイヤー「Now Playing」がGoogle Playストアでリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今年2月に紹介したGoogle Nowのカード風デザインを採用した音楽プレイヤー「Now Playing」が、ベータ版から正式版になり、Google Playストアにリリースされました。アプリは有料ですが、現在はリリース記念セールということで、105円で販売されています。キャンペーンの終了時期は案内されていません。アプリの対応機種はAndroid 2.3以上となっています。Now Playingの外観は、プレイリスト、アルバム、曲名、アーティスト、ジャンルのタブで構成したGoogle Playミュージックに似ており、曲名やアーティスト名などの表示をGoogle Nowのカードのように表示するなど、シンプルでオシャレな雰囲気となっています。機能面では、基本的な再生機能(再生/停止/曲送り/曲戻し/ループ/シャッフル)、通知パネルコントローラー、ウィジェット、アルバムアートのダウンロード、プレイリストといった機能が実装されています。また、ベータ版を紹介した以降、テーマ切替機能、歌詞の表示、Android 4.2以降のロック画面ウィジェットに対応するなど、機能が強化されています。「Now Playing」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
未発表のGalaxy Player "YP-GI2"の一部スペック情報が流出?
Google Playストアで実施中のゴールデンウィークキャンペーンの内容が刷新、FF IIIや7NOTESが50% OFFなど
カスタムROM「Paranoid Android」の開発チームが新たなマルチタスク機能”Halo”を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP