体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Galaxy S 4 16GBモデルでは、内蔵ストレージの45%がシステム用に使われていることが判明

Galaxy S 4 16GBモデルの実際に利用できるストレージ容量が8.82GBほどしかないことが判明しました。スマートフォンのほとんどはOSやプリインストールアプリなどによって、内蔵ストレージの実効容量が仕様上の数値よりも少ないことは一般的なことなのですが、Galaxy S 4 16GBモデルにおいてあ、仕様上の半分ほどしか利用できない模様です。Galaxy S 4はMicro SDカード(最大64GB)が利用できるので、(Micro SDカード利用すれば)ほとんどの場合、容量不足の問題は解消されると思いますが、仕様上の容量との大きなギャップに驚きの声が上がっています。ちなみに、Glaxy S IIIの16GBモデルの実効容量は11.25GB程度だったので、それよりも減っていることになります。システムが肥大したようです。、Source : Geek



(juggly.cn)記事関連リンク
カスタムROM「Paranoid Android」の開発チームが新たなマルチタスク機能”Halo”を発表
ドコモオンラインショップでMNPでの新規契約申込みや在庫切れ機種の予約注文サービスが開始
Sony Mobile "Honami"のカメラ仕様が流出、1/1.6型Exmor RS/Gレンズ/XenonまたはデュアルLEDを採用?

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。