体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

舞台『もののけ姫』公開舞台稽古レポート

もののけ姫

2013年4月29日から5月6日までの期間、渋谷のアイア シアタートーキョーで公演が行われる舞台『Princess MONONOKE~もののけ姫~』。
初日となる29日には公開ゲネプロが行われた。

【関連:『Princess MONONOKE~もののけ姫~』記者発表会レポート】

舞台『Princess MONONOKE~もののけ姫~』は1997年に公開され、興行収入193億円を記録したスタジオジブリのアニメーション映画『もののけ姫』を原作とした舞台化作品。

演じるのはイギリスの若手劇団「Whole Hog Theatre」(ホール・ホグ・シアター)で、宮崎駿監督が初めて自作の舞台化を許諾したことでも話題を呼んでいた。

公演での最初の見どころとなったのは、序盤でアシタカ(マキシミリアン・タイラー)がタタリ神に呪われるシーンだ。舞台の奥からずるっとした動きで登場したタタリ神の不気味な姿は、まさに原作通りのクオリティ。

実はこのタタリ神は、ビデオテープ廃材を利用して作り上げられたもの。
先日、幕張メッセで開催されたニコニコ超パーティーIIでも披露され、集まった観客から大いに喝采を浴びていた。

もののけ姫舞台写真1 もののけ姫舞台写真2

大迫力のオープニングの後、物語はアシタカの旅立ち、そしてタタラ場へと舞台を移しながら展開。基本的な流れは原作に忠実だが、要所要所に舞台ならではの表現が取り入れられており、観客に新鮮な驚きを与えることに成功していた。

たとえばアシタカが負傷した村人を抱えて村に戻るシーンでは、映像やダンスで森とコダマを表現。また、タタラ場ではキャストが劇中歌を日本語で歌うなど、原作へのリスペクトに満ちた演出があらゆる場所に散りばめられていた。

圧巻だったのは、1幕の終盤となるシシ神の森でのシーン。モロや山犬、乙事主らのパペットが集合した場面は、原作映画から現実世界に抜け出してきたような迫力と再現度を誇っていた。パペットは「Whole Hog Theatre」が得意とする演出の一つであり、本舞台ではヤックルや侍が乗る馬などもパペットで表現されている。

原作の世界を忠実に再現しながらも、舞台ならではの演出と表現で驚きと感動を与えてくれた『Princess MONONOKE~もののけ姫~』。公演終了時には、客席からキャストに向けて惜しみない拍手が贈られていた。

もののけ姫舞台写真3

そして、ゲネプロ終了後、演出を手がけたアレクサンドラ・ルターと、アシタカ役のマキシミリアン・タイラー、ヒイさま役の三宅由利子が登壇し、報道陣から多くの質問が投げかけられた。

●なぜ「もののけ姫」を舞台化しようと思ったのですか?

―アレクサンドラ:
映画の「もののけ姫」に強く感銘を受けたことはもちろん、シシ神が持つ“喪失”のイメージと、自分が舞台を作るということに“二度とない戻ってこない瞬間”という点でつながりを感じたからです。

●もうすでに公演を終えているイギリスでの反応はいかがでしたか?

―アレクサンドラ:
とても好意的な反応を頂きました。初日にはスタンディングオーベーションを頂きとても光栄でした。

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy