ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

GOランチャーの開発元、Facebook Homeのカバーフィード風ロック画面アプリ「HOME+」(ベータ版)を公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Androidのホームアプリ「GOランチャー」の開発元がFacebook Homeのカバーフィードをロック画面化した新アプリ「HOME+」を発表し、ベータ配信を開始しました。Facebookが4月12日に発表したホームアプリ「Facebook Home」にはFacebookの投稿をホーム画面上でフルスクリーン表示する「カバーフィード」があります。このアプリは、そのカバーフィードをロック画面化したもので、Facebookのプロフィールアイコンを上にスライドさせるとロックが解除され、通常のホームアプリを利用できます。HOME+上にはカバーフィードと同じように投稿がフルスクリーンで表示、左右にフリックすると別の投稿が表示され、投稿をダブルタップすると”いいね”を付けたり、投稿を長タップすると画像全体が表示されます。HOME+では、さらに、フィード左端で画面を右にフリックするとフィードが更新されるほか、長タップしたまま上にフリックするとHOME+上の投稿をできるなど、本家にはない機能が実装されています。HOME+はGoogle Playストアでは配信されていません。GOランチャーのWEBサイトから入手できます。apkファイルを手動インストールすることで利用できます。インストール後、ホームアプリの選択画面が表示されるので、「HOME+」をを選択。HOME+アプリのSettingsメニューの「Home Key Settings」→「Launcher after unlocking」→「Select Launcher」でロックを解除後に表示するホームアプリを指定すれば設定完了です。一応、セキュリティ機能として、パターンロックが実装されていますが(HOME+のSettings画面でON/OFF可能)、現在配信中のBETA2では正しく機能しない模様です。Source : GOランチャー



(juggly.cn)記事関連リンク
Galaxy S 4 16GBモデルでは、内蔵ストレージの45%がシステム用に使われていることが判明
エレコム、タブレットやPCにかざすだけで繋がるNFC対応のBluetoothマウス「M-BT10BBBK/N」を6月中旬に発売
HP、Tegra 4を搭載したAndroid端末「HP SlateBook 10 X2」を開発中?Antutuベンチマークでテスト結果が見つかる

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。