ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

京セラの米国キャリア向けスマートフォン「Kyocera Elite」、「Kyocera XTRM」のプレス画像が流出

DATE:
  • ガジェット通信を≫

京セラの米国キャリア向けAndroidスマートフォン2機種の画像がTwitter上で流出しました。画像上の端末は「Kyocera Elite」と呼ばれており、米Verizonに投入されるという。Verizonから京セラのAndroidスマートフォンが発売されるのはこれが初だと思います。外観はフルタッチ型の一般的な形をしています。背面には4G LTEのロゴがプリントされているので、LTE対応機種とみられます。画像下は「Kyocera XTRM」と呼ばれる機種。米U.S. Cellularに投入されるそうです。こちらもフルタッチ端末のようですが、側面フレームは少しゴツイ感じに見えます。XTRM(Extreamの略?)という名前はタフネス仕様を連想させるので、そういったボディ仕様を特徴とした機種かもしれません。2機種の発売スケジュールは明らかになっていません。Source : Twitter(@evleaks)



(juggly.cn)記事関連リンク
Google Glass Explorer EditionはAndroid 4.0.4、TI OMAP 4430、1GB RAMを搭載。root奪取にも成功
イオシスがオリジナルスマートフォン「IOXY S4つ」を発売、5.3インチ・クアッドコアCPU・Android 4.2・デュアルSIM対応
HTC One Developer版のファクトリーイメージがHTCdevサイトで公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP