ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsungの新フラッグシップ「Galaxy S 4」が韓国やインドなど世界各国で販売開始、中国ではデュアルSIM対応版も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsungの新フラッグシップとなる「Galaxy S 4」が昨日26日に韓国で発売されました。韓国では、SKテレコム、KT、LG U+の韓国主要キャリアよりGalaxy S 4が発売され、ソウル市内のGaalxy Zoneでは、発売初日の購入手続きが行われました。ここで購入した人にはGalaxy Note 8.0、Samsung製のドッキングスピーカー、デジタルカメラを含む様々な景品がプレゼントされたそうです。韓国版は3モデルともExynos 5 Octa 1.6GHzを搭載したLTE版。地上デジタル放送のDMBチューナーも搭載するなど韓国独自仕様となっています。グローバル向けには大きく分けて搭載プロセッサ別にExynos 5 Octa版「GT-I9500」とSnapdragon 600版「GT-I9505」の2種類が存在し、前者は3G版として、後者はLTE版として販売されます。グローバルローンチは本日27日ですが、海外の情報を見てみると、韓国と同じ日に発売を開始している現地法人やショップがあります。米国の携帯ショップNegri ElectornicsはExynos 5 Octa版(SIMロックフリー)を既に販売中。インドでもSamsungの現地法人が同日よりExynos 5 Octa版を販売中。また、中国ではグローバルモデルにはないデュアルSIM版「GT-I9502」が発売されました。中国ではデュアルSIM版のほか、GSM/WCDMA/TD-SCDMA対応の「GT-I9508」、GSM/CDMA2000対応の「SCH-I959」など対応通信方式別に計4種類が販売されることになっています。この4機種はいずれもExynos 5 Octaを搭載しています。DigiTimesの報道によると、Galaxy S 4は今月中に世界50の国・地域で発売されることになるそうなので、上記の国以外でも販売されているところはあると思います。Source : SamsungSamsung ChinaNegri ElectronicsSamsung India eStore



(juggly.cn)記事関連リンク
イオシスがオリジナルスマートフォン「IOXY S4つ」を発売、5.3インチ・クアッドコアCPU・Android 4.2・デュアルSIM対応
HTC One Developer版のファクトリーイメージがHTCdevサイトで公開
iFixitがGalaxy S 4 GT-I9505の分解レポートを公開、修理のしやすさは10段階中8の高評価

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP