ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

村上隆さんの作品制作現場「カイカイキキアトリエ」に潜入! “ダンボールベッド”など驚きの私生活も明らかに

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


六本木ヒルズやルイ・ヴィトンとのコラボレーションや、2008年に米TIME誌「世界で最も影響力のある100人」に選出されるなど、現代アートを牽引し続ける村上隆さん。カラフルでちょっと毒っ気がある世界観を、一度は目にした事があるのではないでしょうか。


そんな村上隆さんの初監督作品である映画『めめめのくらげ』が4月26日より全国ロードショー。郊外の街に引っ越してきた少年と“くらげ坊”という不思議な生き物の心の触れ合いを中心に、村上さん自身が原案を紡いだファンタジードラマです。

今回は、村上さんが日々アート作品を作り上げ、実際に寝泊り(!)しているという「カイカイキキアトリエ」を見学させてもらいましたので、写真と共に潜入レポートをお届けします。世界でも類をみない巨大なアトリエは、本当に本当にすごかった!

※全ての画像をご覧になりたい方は(http://getnews.jp/archives/330153)こちらをご覧ください。

埼玉県某所に存在する「カイカイキキアトリエ」は、2棟の倉庫からなる巨大なスペース。写真だとなかなか伝わりづらいのですが、相当な広さです。作品を搬入する為に、エレベーターもワゴン車2台は軽々入るだろうという大きさ。


壁に立てかけてある作品も……


人と比較すると大きさが。悠に3m×3mはあろうというサイズの作品が様々な場所に存在しています。

今から10年ほど前、上京して六本木ヒルズに遊びに行って、でっかいお花クッションが欲しくて指をくわえていた(その後無事購入出来ましたが)私が、間近で作品を見る事が出来るなんて……。頑張っていれば必ず良い事があるものです。


お弟子さんにあたるMr.さんの作品もありました。


この広々としたスペースで若手アーティストさんや、美大生のアルバイトさんたちが日々作品を制作しています。


作品制作で使うシルク版などを洗ったりする時に使う、水まわりスペースもこんなに巨大。


カラフルな作品を作り出す画材たち。


これだけの広いアトリエですから、画材や道具の量も膨大に。スタッフの皆さんはもちろん、村上さん自身も全て把握しているとの事で、置き場所などがキレイに整頓されていました。


アトリエの中にデスクやPCスペースがあり、皆さん座り仕事をしています。


こちらのスペースは何でしょう?


ここには村上さんのデスクがあり、たくさんの本や資料が収納されています。


そして、なんと驚くべきことに村上さんはこちらで寝泊りをしているのだとか。水やポット、薬、お茶碗、ミキサーなど生活に必要なものがたくさん。


こちらは村上さんのワードローブがしまってある“クローゼット”。


洗面用品が整理されていたり、よく見ると初音ミクのフィギュア何かも。


そして極めつけが、この大きな箱。実はこちら村上さんのベッド! 下に車輪がついて可動式なのでシチュエーションに合わせて移動しているのだとか。


箱、失礼。扉を開けるとお布団が。


枕元に『ゲゲゲの鬼太郎』。村上さんは『悪魔くん』『ゲゲゲの鬼太郎』といった作品について「自然の中に得体の知れないものがいて、それをリスペクトしないと自分がやられてしまうという“気がつき”みたいなものと妖怪って、子供にとってセットになっていると思うんです」と話しています。


映画『めめめのくらげ』には、子供たちが大人には見えない“ふれんど”という不思議な生物たちがたくさん出てきますが、「ふれんどの存在に少しだけでもリアルを感じてもらって、それが何を意味したかを将来考えてみて欲しい」と村上さん。アトリエには、撮影で使われた“ふれんど”のマケットもありました。

「『ウルトラマン』を観たときのように、ウルトラマン、いるとは思ってなかったし、信じていないんだけれども、ウルトラマン、ゲゲゲの鬼太郎の発表された当時の社会問題、作品内に封入されてますよね。それが大事だった。そこを今、やりたいんです」と映画への熱いメッセージをいただきました。


ちなみに上の画像は、アトリエに立てかけてある挨拶の見本。若手のアーティストや美大生にきちんと挨拶する事を提案したり、ラジオ体操を皆でしたりと、「世界を代表するアーティスト・村上隆」はもちろん、人間としての村上さんを垣間見る事が出来た大変貴重な体験でした。

映画『めめめのくらげ』は4月26日より全国ロードショー。ゴールデンウィーウにお子さんやお友達と一緒に映画館に足を運んでみてはいかがでしょうか!

『めめめのくらげ』ストーリー

主人公の小学生、正志(まさし)は、引っ越してきた新しい家に、見慣れない段ボールを見つけた。中から出てきたのはくらげの様な不思議な生き物。どこか愛くるしいその生き物を“くらげ坊”と名付け、次第に仲良くなっていく。リュックにくらげ坊を連れて転校先の学校に行くと、他の生徒も、大人には見えない不思議な生物=“ふれんど”を連れていた。いったい誰が何のために。そしてふれんどとは何なのか―。

4月26日(金)TOHOシネマズ 六本木ヒルズ他 全国順次ロードショー

原案・監督・キャラクターデザイン:村上隆
出演:末岡拓人、浅見姫香、窪田正孝、染谷将太、黒沢あすか、津田寛治、鶴田真由、斎藤工
制作:カイカイキキ

http://mememe.gaga.ne.jp/

(C)Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved.

カテゴリー : エンタメ タグ :
藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP