体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

全国のトイザらス店舗でAmazon Kindle Fire HD(7インチ)の販売が開始

日本トイザらスは4月26日、同社のキッズ向けタブレット「MEEP!」の販売開始にあわせて、同日よりAmazonのKindle Fire HD」と電子書籍端末「Kindle Paperwhite」、Kindle用アクセサリを全国約150店舗のトイザらス店舗で発売すると発表しました。トイザらスで販売されているのはKindle Fire HDの7インチ・16GBモデルとKindle Paperwhite(Wi-Fi)の2種類で、価格はそれぞれ15,800円、7,980円とAmazonの販売価格と同じ。これらは店舗販売のみでオンラインストアでは販売されません。Kindle Fire HDは画面サイズ7インチの小型タブレット。Amazonの電子書籍サービスやコンシューマ向けのクラウドサービスのストア機能が統合されています。また、WEB閲覧、アプリの起動、各ストアの商品購入、Wi-Fi接続の利用を制限できるなど、タブレットを子供に使わせるのに便利な機能も搭載されています。Kidnle Fire HDはAndroidベースのタブレットということで、Androidアプリを利用することもできます。Kindle Fire HDには「Amazonアプリストア」が統合されており、アプリはそこからダウンロードできます。Google Playには非対応なので、Googleが提供しているアプリ(GmailやYouTubeなど)を利用したり、Google PlayストアからAndroidアプリをダウンロードすることはできません。Source : 日本トイザらス(PDF)



(juggly.cn)記事関連リンク
Galaxy S 4(Snapdragon 600版)のroot化方法が公開
GalaxyS 4の防水・防塵版「Galaxy S 4 Active」と新型8インチタブレットが今夏に登場する見込みとの報道
米HPが$169の7インチAndroidタブレット「HP Slate 7」を発売開始

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。