ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HTC、中国キャリア向けデュアルSIM・Micro SD対応の「HTC One」を発表、HTC mini付属のワン・リーホン限定版もあり

DATE:
  • ガジェット通信を≫

HTCが昨日中国でプレスカンファレンスを開催し、中国キャリア向けの「HTC One」を発表しました。中国キャリア向けは現地時間4月26日より販売される予定です。この日発表されたのは中国移動向けGSM/TD-SCDMA対応の「HTC 802t」、中国電信向けGSM/CDMA2000対応の「HTC 802d」、中国聯通向けGSM/WCDMA対応の「HTC 802w」の3モデル。この3モデルは既に発売中のグローバルモデルとは仕様が異なっており、バックカバーが取外しできる仕組みで、内部にSIMカードスロット×2、Micro SDカードスロットが搭載されています。中国キャリア向けはデュアルSIM・デュアルスタンバイに対応するほか、Micro SDカードでストレージ容量を拡張できるようになっています。

仕様変更によって本体の厚みが9.3mm→10.4mmに、質量が143g→156へと増えています。各モデルの価格は4888元(約78,000円)。ちなみに、HTC Butterflyの時のようにNFC接続でペアリングが可能なBluetooth子機「HTC mini」をセットにしたものが台湾系米国人歌手 王力宏(ワン・リーホン)モデルとして限定数用意されているそうです。この限定版では、同氏のサインを描いた箱のデザインを採用しています。その中のごく一部にはHTC miniに同氏の直筆サインが書かれているそうです。

Source : ePrice CN



(juggly.cn)記事関連リンク
Android版Kindleアプリがv4.0.1.3にアップデート、ホーム画面がKidnle Fire風になるなどアプリUI刷新
Twitterの公式動画投稿アプリ「Vine」のAndroid版が近々リリース予定
ソフトバンク未発表の富士通製スマートフォン「202F」がWi-Fi Allianceの認証を取得、Miracastにも対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。