体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ネギ風タイツ『ネギタイ』を『ニコニコ超会議2』で実際に発売するよ! 製作苦労話など (追記 28日も販売)

ネギタイツ

先日4月1日にガジェット通信でも記事にした『ネギタイツ』のネタ。記事には「※エイプリルフールネタかもしれないです」と記載したが、実は今週末開催される『ニコニコ超会議2』で実際に販売することとなった。そんな『ネギタイツ』の製作秘話も含め紹介していきたい。

※全ての画像をご覧になれないかたはこちらからご覧ください。

なぜ思いついた?

筆者(ソル)がファミリーマートに行った際に、店内に置いてあるタイツが目に付いた。「これもネギ色にしてしまえば面白いんじゃないの?」っていうそれだけの発想。最初はラフ画を描く。実際に編集部の女子に見せたら「可愛い」とそこそこの評判。実際は大評判ではなく、本当にそこそこ。この時点では実際に商品化するなんて思ってもいなかった。

最初のラフ画

商品化に踏み切ったのは? その後のちょっとした苦労とか

どうせならこれを実際に商品化して売ったら面白いということで、3月下旬に準備開始。タイツ業者も選定しいろいろ注文を聞いてもらったのである。当初は80デニールだったのを季節を考えて60デニールに変更。あまり薄すぎると肌の色が出てしまうから60デニールくらいが丁度良いらしい。

あとグラデーションの位置もサンプルを見ながら膝から何センチ上がベストか調節。いろんな背丈の女性に履いてもらい、最もベストな位置に調整。当初フリーサイズで男性もOKだったんだけど、素材が変わったことからS~Mサイズ(ワンサイズ)となった。

タイツ病になる

ネギタイツ以外の物も作りたくなり、なんでもタイツにしたくなる病気になる。以下思いついたもの一覧。

・レンガブロック模様
・床屋のグルグル
・ニコニコのコメント弾幕
・魔貫光殺法

上記どれもネタ過ぎて実現できず。

なぜネギタイツが実現したのか?

ネギタイツが実現した理由の一つに、ネタっぽくないデザインが挙げられる。これを履いていてもただの白と緑のグラデーションなのか、ネギなのか分からないそのあいまいさが良いのである。いかにもネギっぽい絵柄だと履く方もためらっただろうが、グラデーションだけにしたのが受けた理由と思っている。と、言ってもまだ販売してないんだけどね。

価格設定に悩む

タイツのオーダーメイドって原価が以外と高くて、平気で1000円以上するのね。それに加えて人件費や経費その他諸々加えると結構な値段になりそう。当初は3000円ってことになっていたのだが、10代の若者をターゲットにしているこの商品が3000円もしたら気軽に買うことができない。

筆者が頼み込んで「どうか2000円で買えるようにお願いします!!!!」と皆を説得。だって中には予備用に2個買う人もいるわけでしょ? そうなると2個買ったときに6000円の出費と4000円の出費では大違いなわけ。たしかに売り上げは減るけど、下手に値段を高くして売れなかったら意味がないからね。

そんなわけで1980円になった。もうこれでもギリギリなのよ……。

1 2次のページ
ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。