ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

〈FUJI ROCK ’13〉第5弾でヴァンパイア・ウィークエンド、相対性理論ら15組追加&日割りも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

 

7月26日(金)、27日(土)、28日(日)の3日間、新潟・湯沢町苗場スキー場にて開催される日本最大級の人気音楽イヴェント〈FUJI ROCK FESTIVAL ’13〉。その出演アーティスト第5弾が発表となった。

新たに参加が決まったのは、ヴァンパイア・ウィークエンドやローカル・ネイティヴス、“Harlem Shake”のヒットで知られるバウアー、ブラジル東北部の音楽・バイーアにレゲエ/ダブ、ヒップホップをミクスチャーしたバイアーナ・システム、UKのフォーク・パンク・バンドであるスキニー・リスターといった海外勢を含む計15組。国内からは、新体制での初オリジナル・アルバムのリリースを控えている相対性理論やトクマルシューゴをはじめ、あがた森魚、Char、加藤登紀子とTHEATRE BROOK、SHEENA & THE ROKKETSといったヴェテラン、昨年の〈ROOKIE A-GO GO〉出演者のなかから選ばれたSTERUSSなど、ヴァラエティー豊かなメンツが登場する。これまでに発表されたアーティストの出演日も決定しているので、参加を予定している人はぜひご確認を。

チケットは、特別価格の入場券を含む全券種の先行販売を実施中。オフィシャルツアー第2期の申込み受け付けも行われているので、チェックはお早めに!

★〈FUJI ROCK FESTIVAL〉に関するニュース記事の一覧はこちらから

 

〈FUJI ROCK FESTIVAL’13〉出演アーティスト第5弾
【7月26日(金)】
あがた森魚、Char ~Jam Night~、LOCAL NATIVES、PEPPERTONES

【7月27日(土)】
BAIANASYSTEM、SKINNY LISTER、STERUSS、トクマルシューゴ

【7月28日(日)】
VAMPIRE WEEKEND、BAAUER、A HUNDRED BIRDS feat. TeN & GEBO、加藤登紀子 & THEATRE BROOK -半世紀ロック、光風 & GREEN MASSIVE、SHEENA & THE ROKKETS、相対性理論

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP