ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“脳波ヘッドフォン”ツール「mico」、装着者の脳波を感知し“今の気分”に合った曲を自動的にリコメンド

DATE:
  • ガジェット通信を≫

通勤時や自宅などで、ヘッドフォンをつけて音楽を楽しむ……などというシーンをよく見かける。ただ、このヘッドフォンが再生された音楽を聴くためだけのものではなかったとしたらどうだろう。

今年3月に、アメリカのテキサスで開催された世界最大級のエンターテインメントコンベンション「SXSW」で紹介された「mico」というヘッドフォンは、人の脳波を検知して、そのときの気分に合った音楽をおすすめしてくれるというツールだ。「mico」を装着すると、額と耳の部分にあるセンサーが脳波や神経の活動を感知する。シグナルを分析して、装着者の今の気分がどういう状態なのかをチェックし、ヘッドフォンの耳あて部分のLEDが光って状態を提示する。気分のカテゴリは、“focused”“sleepy”“stressed”の3パターンで、それぞれ”!”や“zz…”などのアイコンで“今の気分”が表示され、装着者以外の人にも状態がわかるようになっている。

そして、この「mico」をiPhoneのアプリに接続すると、検知した脳波の状態をもとに、100曲のプレイリストからおすすめの曲を自動的に再生してくれる。“今の気分に合った”曲を自動でチョイスしてくれる面白い体験ができるだけでなく、自分の知らなかった新しいお気に入り曲を見つけるチャンスも広がりそうだ。

mico

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP