ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

藤井隆、6年ぶりシングルは松田聖子プロデュース! 英語詞に挑戦

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

 

お笑いタレントとしてTVを中心に幅広く活躍する藤井隆が、6年ぶりのニュー・シングル『She is my new town/I just want to hold you』を6月5日にリリースすることが決定した。

アイドル・ソングや洋楽のファンとして知られ、2000年にGAKU-MCが作詞、浅倉大介が作曲および編曲した楽曲“ナンダカンダ”で歌手デビューした藤井。その後も筒美京平、松本隆、キリンジの掘込高樹、Tommy feburary6といった錚々たるメンツから楽曲提供を受け、その音楽的なクオリティーの高さで注目を集めた。近年では椿鬼奴、レイザーラモンRGと共に洋楽カヴァー・イヴェント〈Like a record round! round! round!〉を定期的に開催しており、楽曲の配信リリースなども行っている。


『She is my new town/
I just want to hold you』ジャケット画像

そんな彼の6年ぶりとなるシングルは、藤井自身が尊敬するアーティストである松田聖子が作詞/作曲/プロデュースを担当。藤井が好む80~90年代のエレクトロ・ポップ風サウンドに大人のテイストを加え、洋楽好きを前面に打ち出した英語詞によるクールな2曲が収録される。なお、その両方共に松田聖子がコーラスで参加しているとのことだ。

また、今回のシングルではサンリオの人形アニメーション映画「くるみ割り人形」とのコラボも実現。主役であるクララの人形がジャケットに使われているほか、PVでは映画の映像が全編で使用されているという。藤井ならではの世界観を持ったこの新作、ファンはマストでチェックしよう!

 

〈藤井隆 『She is my new town/I just want to hold you』収録曲〉
1. She is my new town
2. I just want to hold you

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。