ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本のサラリーマンの平均年収409万円は世界の上位4.5%に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 自分の年収が人より多いか少ないかは、誰しも気になるところ。とはいえ、「自分の年収は世界で何番目」なんて、考えたこともないのではないだろうか。

 ところが、自分の年収が「世界の何位か」が瞬時にわかる画期的なサイトがインターネット上に存在する。それが、「Global Rich List」だ。

 やり方はいたって簡単。日本円、米ドル、英ポンド、カナダドル、ユーロのいずれかを選択し、年収を入力するだけで、自分が世界約70億人中何位であるかが表示される仕組みだ。

 このサイトの面白さは、大金持ちだけではなく、「普通の人々」が世界でどの順位にいるかがわかることだ。

 国税庁の民間給与実態調査によると、日本のサラリーマンの平均年収(2011年)は409万円。その順位は、2億6739万4435位だ。「億」の表示にややショックを受けるが、それでも世界の上位4.5%に入る。日本のサラリーマンは、世界的には“稼ぐ人”といえるだろう。だが、日本の平均年収のピークは1997年の467万円で、この頃は1億7965万8087位、トップ3%に入っていた。懐が寒く感じるのも当然かもしれない。

 個別に見ると、トヨタ社員の平均年収約740万円は5345万254位で、749万円の習近平・中国国家主席にわずかに及ばない。東京電力社員の平均年収約653万円は5636万4317位。ちなみに本誌の「年収1200万円」という報道を「リアルすぎる」と認めていたフジテレビの加藤綾子アナウンサー、その順位は3791万5915位となった。

 では、世界の“真ん中”はどのあたりかというと、日本円で年収約10万円。言い換えれば、「年収10万円以下の人が、世界の半分を占めている」ことになる。日本がいかに“恵まれた”環境にあるかが実感できるだろう。

※週刊ポスト2013年5月3・10日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
イチローは何位?自分が世界で何番目の金持ちか分かるサイト
階層上位のママ 会費8000円ランチで困る下位ママ見て楽しむ
年収約2億円証言あるバナナマン日村 家賃40万円の部屋に住む

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP